1. まとめトップ

実は異常!!多くの日本人が知らない日本の問題とは?

国民のほとんどが認識していない、海外に比べて異常さが顕著に目立つ日本の問題を取り上げました。

更新日: 2019年02月03日

15 お気に入り 90798 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

DRBRAINさん

日本人が知らなかった日本の問題・・・

ちまたでは「日本素晴らしい!!」系の番組が流行している中、「日本という国が異常な状況である」という現実はまったく伝えられない

私たちには、世界から日本を眺めてみる視点が必要

①日本の農産品~安全・安心の国産野菜?~

日本の野菜や果物、お米の美味しさは、今や世界中にファンがいるほど大人気。味のよさだけではなく、しっかりとした生産工程のおかげで安心・安全

外国産(中国産、アメリカ産)よりとにかく国産は安心!
そう思っている国民はとても多い

しかし、実は「世界基準」ではとても安心とは言えない

「国産のものは安心」という印象を持っていませんか? でも残念ながら、農産物に関してはそうとは言えない現実があります。

国産は安心というのは何を元に判断していますか?

農薬使用量は先進国中1位

単位面積当たりの農薬の使用量は世界一位ですし、遺伝子組み換え食品を一番食べているのも日本人です。そして、添加物の基準もゆるゆる

海外では使用されていない食品添加物が使われている。

農薬においても、欧米で使用を制限されていたり、許可されていないものが日本では許可されて利用されている

国土面積が狭い日本では農薬の使用は仕方がないという見方もある。しかし、農薬は植物や虫を殺すもので、人間には無害、そんなことはないと考えます。

国産農産物が安全だと思っているのは日本人だけで、世界ではまったく違う捉えられ方をしている

実際に日本の農産物の輸入を禁止している国もあります。

②教育~日本の教育レベルは高い?~

「東洋の奇跡」と呼ばれる高度成長を成し遂げた日本

日本は、欧米に次いで世界的には比較的早い明治期から、近代的な学校教育の施設・制度を整備し、公教育・一般教育・義務教育を実施した。

アジアで近代化を成し遂げ世界に誇る大国になりました。

安定した平和な江戸時代の中で、寺子屋教育などにより当時世界一の識字率を誇り、近代化を成し遂げた日本。
現在、岐路に立っている。

日本の教育水準は、世界と比べても引けを取らないとても素晴らしいもの

「勤勉」な国民が多数いたことで、奇跡的な経済発展を見せ、アジア唯一の先進国になった日本。
現在はどうなのか?

しかし近年は他の国の後塵を拝している

国際的な学力検査である経済協力開発機構(OECD)の学力到達度調査では、日本の学力順位は下降気味

日本の教育制度の現在 最近、学力水準の低下やいじめ問題が大きく報道

2012年の日本の国内総生産(GDP)に占める教育機関への公的支出の割合は3・5%で、データがある32か国中、スロバキアと並んで最下位だった。

OECDの最新調査でも先進国中ワースト。

「日本の学校制度のどこが悪いのでしょうか」と訊かれるならば、「全部悪い」と答えるほかない。

日本の教育制度を見直す必要がるのかもしれない。

③接客~おもてなしの裏に~

1 2