1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ドリカムやELTも!?実は元々3人組だったアーティスト!

ドリカムって元々3人で活動してましたが、若い世代は知らない人も多いはず。3人だったけど脱退して2人になったという歌手は他にも居るんです。

更新日: 2016年10月03日

canty0628さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
28 お気に入り 65069 view
お気に入り追加

▼長年活躍しているドリカム

1989年にデビューし、以降25年以上もの間、音楽シーンをけん引し続ける、J-POP界の トップアーティスト。

実は3人組だったって知ってる?

西川隆宏さんは、交通事故を1996年に起こし芸能活動を自粛。2002年の3月にグループを脱退。

西川さんは脱退後、クラブでDJなどを行っていた実のお兄さんと「NISHIKAWA BROTHERS」を結成。

その後、彼は覚せい剤取締法違反で逮捕されるなど、波乱の日々を送った。

出典西川隆宏 今も3人で…脱退13年でも消えぬ「ドリカムの絆」

2009年6月には札幌市・すすきのにバー「reboot」をオープンさせ、現在同店の店長を務めている。

メンバーとの交流が今でもあった

ドリカムの2人が7変化している、可愛いイラストのジャケットが話題になっています。良く見ると、吉田さんでも中村さんでもない人物が。

ドリカムのベストアルバム借りてきたら、ジャケットに西川くん居た。 pic.twitter.com/DZLGbMCAhs

脱退したとはいえ3人はいまも交流があります。ドリカムが北海道を訪れたときなどに、秘かに3人で会っている。

出典西川隆宏 今も3人で…脱退13年でも消えぬ「ドリカムの絆」

▼持田香織のボーカルが心地よいEvery Little Thing

ELTは1996年、ヴォーカルの持田香織、ギターの伊藤一朗、作詞・作曲・編曲とすべてを手がけていたキーボードの五十嵐充の3人でデビュー。

五十嵐の楽曲の世界観、シンセサイザーを駆使したサウンドと持田の歌声、ファッションが10代・20代を中心に支持を受けるようになり、1990年代後半を代表するグループに。

ダラダラELT聴いてる やっぱり五十嵐さんの曲がいいよね Rescue meとか最高

プロデューサーの五十嵐充が脱退

ELTはむかし3人組(トリオ)だったんだよね…と振っても、もう知らない人達いるだろうね。というか、ELTって何?誰?て世代もいるだろうしね(´∀`;)

愛のカケラはいつ聴いてもいい曲。 五十嵐さん脱退した後で、この曲とは ELTクオリティ高すぎ。

今でも五十嵐サウンドは楽しめる!

初期メンバーである五十嵐充をサウンド・プロデューサーに迎えた、約2年振りの オリジナル・アルバム『CHANGE』。

1 2 3





canty0628さん

気になることを「上質」なまとめとして発信していきます!似たまとめがあったとしても、他より「分かりやすく」「オリジナル」がモットーです。

このまとめに参加する