1. まとめトップ

【脱毛】ある日突然ハゲてしまった時の、初めてのウィッグ【女性】

ガン治療や脱毛症で、それまで悩むことも無かった毎日が髪が無くなる生活に一変します。全頭脱毛や、全頭脱毛に至る過程でまだら生えの状態のとき、多発性円形脱毛で地毛で隠すことができないとき、ウィッグが私たちを助けてくれます。

更新日: 2016年10月03日

0 お気に入り 1714 view
お気に入り追加

医療用とファッションウィッグの違いって?

ウィッグなんて、今まで縁が無かった人には普通のファッションウィッグと医療用の違いも知らなくて当然。簡単に言ってしまうと、ファッションウィッグは「ウィッグだとバレてOK」のウィッグ。医療用は「できればウィッグだと知られたくない」人の為のウィッグでしょうか。

そして、具体的な商品としての違いは毛質(人毛、人工ファイバー毛、人毛+ファイバーのMIXなど)、分け目やつむじの再現具合(人工スキンが安心)、生え際やもみあげ部分の自然さ(各社工夫しています)、地肌に触れる部分の頭皮への気遣い(キャップ部の素材、通気性)が挙げられます。

医療用ウィッグは地毛に限りなく近づけることが使命なのです。

医療用ウィッグってどれくらいもつの?

高いお金を出して手に入れる物ですから、どれくらい長く使える物なのか、気になりますね。
これは使い方、お手入れの仕方で大きく変わってきます。一般的には1年から3年と言われていますが、1年でダメになるのと3年使えたのでは全然違います。勿論長く使いたい。

ダメージの原因として
・ドライヤーの熱
・カラーリング
・ブラシの静電気
・無理な力をかける

ことが挙げられます。結果→毛色の褪色(人毛)、ちぢれ毛、抜け毛、が発生します。
購入時にはお手入れ方法の記載されたパンフが通常は貰えます。面倒でも手順通りにきちんとお手入れしておく事が肝心です。

ウィッグと一緒に必要なもの

①ウィッグネットorインナーキャップ

ウィッグを購入する際には、大抵の場合、ウィッグネットがセットで付いてきます。このウィッグネット、地毛のクセが強い人などは2枚重ねで使うとしっかりフィットします。予備としても一枚多めにあると良いと思います。
また、ショップによって若干ネットの網目、締め付け具合などが違います。安いものなので色々買って比べてみてもいいと思います。

全頭脱毛などの場合、インナーキャップで頭皮を保護し、粘着テープ等でウィッグを固定します。ウィッグに直接縫い付けて固定してしまう方法もあります。インナーキャップも各ショップで素材別に色々出ています。

②ウィッグスタンド

ウィッグをシャンプーして乾かす時に、日々の置き場に、型崩れ防止に、スタンドは必要です。
ショートヘアなら400円くらいでプラスチック組み立ての低価格なものがあります。ロングの場合、首の長さが必要とされる分少し高い。ロングは長い分、絡み安い、ホコリが付きやすいので保管はポーチでの保管でもいいと思います。
個人的にはマネキン型頭部の重量のあるもの(ブラッシング、ドライヤーがしやすい)が欲しいです。

10万以下で手に入る高品質医療用ウィッグ

10万円以下でも良い品はあります。10万でも私にとっては大金なので、できれば来店型で選べればベスト。通販のみの場合は試着がOKかがポイント。

高評価で安心の定番

医療用として実績がある大手・老舗メーカーの販売価格は5万~50万と幅広いニーズに応じてくれます。全国に店舗展開しているのが強み。購入前、購入後ときめ細かいサポートを期待できます。

お試し感覚なプチプラウィッグ

フルウィッグまで必要ない人はポイントウィッグ

フルウィッグをつけるまではいかない、進行中の脱毛症の方や、頭頂部の円形脱毛症などにおすすめなのがポイントウィッグです。

クリップで留めるだけの簡単装着。地毛とのカラーの違いに不自然さが出ないよう、カラー選びを慎重にする必要があります。
ポイントウィッグにも毛質(人毛、人工ファイバー)、つむじの違い(人工スキン、レース等)
ありますが、品質の違いよりは地毛との相性が一番の選びどころだと思います。
フルウィッグに比べて価格帯が安いのでお試ししやすい利点もあります。

ポイントウィッグでおすすめ
その①リネア・プラチナムの人毛トップカバーピース(http://ilovewig.jp/i/7160701)。
1万円弱で自然な人毛MIXが買えます。ですが毛量があまり多くないので脱毛部をしっかり隠せるか検討して購入したほうがいいです。

1 2





mktnOKさん

実体験を元にした主観によるまとめをUPしていきます。