ウィッグなんて、今まで縁が無かった人には普通のファッションウィッグと医療用の違いも知らなくて当然。簡単に言ってしまうと、ファッションウィッグは「ウィッグだとバレてOK」のウィッグ。医療用は「できればウィッグだと知られたくない」人の為のウィッグでしょうか。

そして、具体的な商品としての違いは毛質(人毛、人工ファイバー毛、人毛+ファイバーのMIXなど)、分け目やつむじの再現具合(人工スキンが安心)、生え際やもみあげ部分の自然さ(各社工夫しています)、地肌に触れる部分の頭皮への気遣い(キャップ部の素材、通気性)が挙げられます。

医療用ウィッグは地毛に限りなく近づけることが使命なのです。

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【脱毛】ある日突然ハゲてしまった時の、初めてのウィッグ【女性】

ガン治療や脱毛症で、それまで悩むことも無かった毎日が髪が無くなる生活に一変します。全頭脱毛や、全頭脱毛に至る過程でまだら生えの状態のとき、多発性円形脱毛で地毛で隠すことができないとき、ウィッグが私たちを助けてくれます。

このまとめを見る