1. まとめトップ

【京都】世界遺産、西本願寺の初めてづくしのイベントが面白そう!

第25代専如門主の伝灯奉告法要を記念して、2016年10月1日から世界遺産の本願寺境内にて初のカフェ出店と初のライトアップが行われる。

更新日: 2016年10月16日

8 お気に入り 8116 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mamehinaさん

本願寺境内に初のカフェがオープン

本願寺で行われる行事『伝灯奉告法要』の開催に合わせ、2016年10月1日から2017年5月31日期間限定でカフェがオープン。

何が食べられるのか?

京都初出店の「リュミエール」と「ダマンフレール」がいただけます。

カフェを監修するのは、ミシュランガイドで7年連続星を獲得している、大阪・心斎橋のフレンチレストラン「リュミエール」のオーナーシェフ・唐渡 泰氏。


野菜の美食をコンセプトとする「リュミエール」だけに京野菜を使ったメニューに期待が出来そう。

京野菜を使った「ゴロゴロ野菜サラダ」

シェフがお店で出すことはほぼないというカレーライス、週替わりプレートランチなどのメニューが登場する。

デザートも見逃せません!

「小菓子の盛合せ」は本来リュミエール本店でしか食べられないもの。

カフェ内で提供される紅茶は、フランスの老舗「ダマンフレール」のもの。
唐渡シェフのフレンチ料理と合わせ、ぜひ味わいたいポイントです。

会場内で販売もされています。

こちらも期待度が高い様子

今日の目的の一つ。西本願寺に期間限定でOPENした心斎橋にあるフレンチレストランのカフェ。心斎橋のお店はミシュラン7年連続。母や友達と何度か行って、料理から接客、トイレ(笑)まで素敵だったからOPENしたと聞き、早速♪ pic.twitter.com/r81zYU5ACr

@abc_5chama 公演までどうしようかと思ってたら、西本願寺5:30から参拝できたの。駅から近いし急遽来ちゃった♡境内にカフェもあって素敵なの!今の時間、人も少ない!

他にも様々なサービスが

同施設内のマルシェには、約30店舗の京ブランド商品が集結。
八ツ橋や京漬物といった京都の定番商品や、お香や和装小物など伝統工芸も揃うので、お土産探しにもぴったり。
ほか、京料理「木乃婦」など料亭のお弁当の販売も魅力的です。

キッズスペースも完備。
家族連れでも、安心して訪れることができる。

期間中特別公開も

本願寺境内の南東隅に、『滴翠園』という名の庭園が広がっています。
その庭園内の池にせり出すようにして建つ、 三階建ての楼閣建築が《飛雲閣》です。

【期間】平成28年10月2日(日)~平成29年5月31日(水)
【時間】9時~12時30分、15時30分~17時の2回
【拝観料】無料
【申込方法】受付にて、当日

初の夜間拝観「花灯明」が開催

ライトアップは、宗祖親鸞の木像を安置する御影堂と、本尊の阿弥陀如来立像を安置する阿弥陀堂、飛雲閣など国宝に指定された建造物などで行う。

青、黄、赤、白の4色のライトで照らし、仏教経典の仏説阿弥陀経に書かれた極楽浄土の世界を表現するという。

期間中の午後6時半から3時間、大人500円、小中高生300円。
全額、同派の「たすけあい運動募金」の熊本地震災害義援金とする。

ツイッターでも人気の様子

西本願寺ライトアップ混みすぎィ これが待機列らしい 拝観料が自由奉仕で好きな金額、とか 待機列が室内イス待機とか 色々ライトアップ行って来たが初めてだ 西本願寺舐めすぎてたわ pic.twitter.com/v5O5g95Y0N

西本願寺のライトアップをちらっと見に行こうと来てみたけど、人めっちゃいる…。

次はいつやるのか、そもそも次回があるのか分からない、西本願寺の夜の特別公開(ライトアップ)!10月10日までです。これは見ておかないと損です(^^)/ しかしナゾトキケイカクとはしごできるのは10月8日までです!ご注意ください。 #ニシナゾ

西本願寺のライトアップ、凄い人のようです。龍谷ミュージアムもナイトミュージアム。

1 2