1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

謝罪は日本語のみ…。大量わさびを振る舞った寿司屋に非難の声

大量わさび寿司を外国人客に出した寿司屋に非難の声が上がっています。なぜか日本語のみで謝罪文を掲載し、言い訳ともとられかねない内容にさらに批判の声が上がっています。

更新日: 2016年10月03日

37 お気に入り 186349 view
お気に入り追加

・大量わさび寿司を外国人客に出した寿司屋

ネットに投稿された写真。確かに罰ゲームレベル。

大阪のすし店が外国人客に提供するすしに、通常より多くのわさびを入れていた

運営する「藤井食品」(大阪府茨木市)が2日、ホームページに謝罪する文章を掲載した。

同社担当者は取材に「多くの海外客に来てもらっており、差別的な意図はなかった。わさびが苦手なお客さまに不愉快な思いをさせた」と話している。

・問題になったのはミナミにある「市場ずし」

問題になったのは、大阪の繁華街・ミナミにある「市場ずし」難波店。

難波店によると、2、3日前から同店を訪れた外国人客に対し、了解を得ることなく、通常の約1・5倍のわさびを入れた

・口コミであっという間に広がった

9月ごろから、韓国のポータルサイト「NAVER」の旅行掲示板で「わさびテロに遭った」という書き込みが相次いでいた。

Twitterユーザーが、「韓国人と分かると、従業員同士が『チョン』と嘲笑しながら料理を作る」、「わさびを大量に入れられ、涙を流す様子を見て、従業員同士で笑う」、「わさびが沢山入ってると伝えると、『韓国人は辛いものが好きだからサービスだ』と返答した」などと投稿したことで明るみに

「言葉が分からない外国人への嫌がらせでは」「わさびテロだ」との指摘が相次いでいた。

・市場ずしは謝罪文を掲載

なぜ日本語掲載だけなのかという疑問は残るが…。

運営する「藤井食品」(大阪府茨木市)が2日、ホームページに謝罪する文章を掲載した。

「この度は弊社店舗での接客に関する内容で、インターネット各所にてお騒がせ致しましたことをお詫び申し上げます。事実関係を確認しましたところ以下の確認が取れましたのでご報告いたします。」

「(海外の客から)がりやわさびの増量の要望が非常に多いため、事前確認なしにサービスとして提供したことが、わさびが苦手なお客様に不愉快な思いをさせてしまう結果となってしまいました」

「より多くのお客様に満足していただけるよう社員教育を一層徹底してまいります」としている。

・しかしこの謝罪文が火に油を注ぐことに

その通り。謝罪する時はグダグタ言い訳を並べないで、全面的に非を認めてスパッと謝るのが正しいやり方。ペヤングを見習えば良かったのに、バカな政治家の真似をしたんだろうね。

大阪人として恥ずかしいわ! わしも韓国とか中国好きちゃうけどこれは腹立つ。 謝罪文も言い訳ばっかやし。 大阪を観光都市に、とか言ってんならこんな店から是正させな誰も観光なんかに来んで! #市場ずし

市場ずしの案件、謝罪文に「外国人からのわさびの増量の要望が多いからサービスとして多く入れた」とあるけど、言い訳にもなってなくて見苦しいだけですよね。あらかじめお鮨と一緒にわさびを脇に添えて出せばいいだけの話なんだから。

・なぜ日本語掲載のみなんだという意見も

1 2





ユーロの行方さん

このまとめに参加する