1. まとめトップ
  2. カラダ

自覚症状ナシ!?実は、ほとんどの女性にある「顔コリ」

頭痛やシワなどの原因にもなっているそうです

更新日: 2016年10月03日

佐和子さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
740 お気に入り 247423 view
お気に入り追加

ちょっと顔をさわってみて

押した時に気持ちいいなと感じたら多少でもこっている可能性があります。

顔コリはさわらないとわからないため気づきにくいそう!

額や鼻の下、あごなど、顔の表面を人差し指の腹で強めになぞっていったときに、ボコッとしたところがあれば、それが「顔コリ」!

実は顔も“こっている”

「コリ」と言って最初に連想されるのが「肩」「首」ではないでしょうか。しかし実は、顔にもコリが存在するのです。

自覚症状がないため気づいていない人がおおいのですが…実は成人している女性のほとんどが顔コリなんですよ!

こんな人は気をつけて!

筋肉は使いすぎても使わなさ過ぎても固まってしまいます。笑顔の上にさらにしゃべり続ける営業のような職種だと、さらに顔の筋肉は疲れています。

眉間にシワを寄せるクセのある人、目を大きく見せたくて目に力を入れるクセのある人。これもこりやすくなってしまいます。

考え事をするときに口をぎゅっと結んで「む~ん」と力を入れる人もいると思いますが、そういう場合は口の周りが凝ってしまうそうです。

頭痛の原因になっていたり…

顔と頭は繋がっていますので、顔から頭全体の筋肉が凝り、血液の流れが悪くなります。これが目の疲れからくる頭痛の原因です。

表情筋と繋がっているほうれい線やシワなど美容の敵は、顔のコリからできやすくなるといわれています。

こめかみにこぶしをあて、ゆっくりまわす。このときゴリゴリした感触があった場合、放置すると目の下のクマを引き起こすこともあります。

ちょっとしたマッサージで改善!

親指と人差し指を使い、頬の上の筋肉や顎まわりなど、痛気持ちいいくらいの強さでつまみ揉みほぐします。顔筋を柔らかくし、血流やリンパも流れるので効果的です。

まず目を閉じて、5秒かけてゆっくりと気持ちのいいくらいの力を加えていきます。また5秒かけて、ゆっくりと目を開けていきます。

顔には、たくさんの筋肉が複雑に関わりあっています。筋肉の血流や柔軟性を戻すことにより顔色が明るくなり、表情がでやすくなります。

1





佐和子さん

お風呂上がりにアイスがやめられない。

このまとめに参加する