1. まとめトップ
  2. 雑学

治安がいいバンクーバーでも起きた...留学には危険も多いみたい

カナダ バンクーバーで日本人女性の遺体を見つかった事件。治安の良いと言われるバンクーバーでも起きたしまった事件ですが、留学には危険も多いみたいです。

更新日: 2016年10月04日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
17 お気に入り 47647 view
お気に入り追加

カナダ バンクーバーで日本人女性の遺体を見つかった事件

カナダのバンクーバーで行方が分からなくなっていた青森県出身の日本人女性が遺体で見つかった事件

この事件では住所不定のウィリアム・シュナイダー容疑者(48)が逮捕され、遺体を適切に扱わなかった容疑で訴追されました

ウィリアム・シュナイダー容疑者(48)は、ホームレスで無職のうえに、強盗や窃盗、暴行などで起訴された前科があった

カナダは治安の良い国としても知られている

カナダは日本人の語学留学先として人気が高い。治安の良さや費用の安さ、教育レベルの高さが理由だ

。犯罪発生率も低く、「米国は危険だからカナダに行きたい」という留学希望者も多いという

カナダも決して安全とは言えない部分も多い

バンクーバーも一歩裏道に入れば、ホームレスやドラッグ中毒者が寝場所にしている危険なエリアも少なくない

バンクーバー市ダウンタウンの東側、バンクーバー発祥の地とされるガスタウンから徒歩1、2分のところにダウンタウン・イーストサイドと呼ばれる地区がある

犯罪発生率は北米一という不名誉なレッテルも貼られ、国連からは先進国で最悪のスラム街と称されている

比較的人通りの多いダウンダウンのロブソンストリートでも夜になるとガラが悪そうなのがウロウロしている

そして、留学にも危険はつきもの

親しくしている人に近い関係者の日本人女性が、留学期間中にレイプ被害に遭いました

留学生やワーホリである皆さんが最も被害に遭いやすいのはシティ(都心、CBD)です

オープンで快適なキャンパスのように見えても、時間帯によって事件が起こる事もあります

留学中に注意したいこととは

海外に行くという認識を持つ

日本とは異なる文化、習慣、考え方、宗教観、言葉の国に行くんだという認識は必要です

治安が良いからと高をくくっているととんでもないトラブルに巻き込まれる可能性もあります

日本人に人気の留学先は比較的安全な街が多いですが、そこはやはり外国。知らず知らずの内にスラムへ…なんて事が無いように気をつけて下さい

「自分が行くのは安全な国だから」と、過信してしまうのも、思わぬ事件に巻き込まれるきっかけとなります

危ない場所には近づかない

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう