1. まとめトップ
  2. カラダ

最近、美容オタクに広がってる「病気」が怖い

誰でもちょっとしたきっかけでなってしまいそうです

更新日: 2016年10月04日

OGGIさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
317 お気に入り 542054 view
お気に入り追加

美容のためにと始めたことが…

「オルトレキシア」という病気をご存じでしょうか。美貌を誇るセレブやモデル、健康志向の人たちの間で増加しています。

例えば、「小麦粉は太るしカラダに悪いから絶対に食べない」「とにかく野菜。毎朝必ずスムージーだけは飲む」…。

ちょっと試してみようかな…というレベルからどんどんエスカレートしてしまうと危険です

不健康なものを摂取する事に過剰に不安や恐怖心を持ち、摂取した際は自己嫌悪に陥っておう吐したりし、栄養失調になっていきます。

スムージーで「ジュース拒食症」

アメリカではスムージーなどしか飲めなくなってしまう「ジュース拒食症」が10代、20代の女性を中心に広がっています。

咀嚼によって刺激される消化酵素の分泌や胃腸の動きを鈍くさせ、拒食症の様な摂食障害になってしまうこともありえます。

食べた物を体が受け付けられなくなり、嘔吐、下痢が起き栄養不良となります。すると体は不足する栄養を欲し異常な食欲が現れます。

でも、食べても体が受けつけませんから、結局、スムージーやジュースなどの液体しか受けつけられず、どんどん衰弱していきます。

周りからも「健康に気を使っている」ように見えるため、本人も周りも気づかないうちに重症化しやすいのです。

ジュースクレンズによる倦怠感に注意

身体のだるさ、眠気、頭痛etc…一般的にジュースクレンズで発生しやすい症状とされてはいますが、不調を感じたら直ちに医師の診断を受けてください。

ジュースを飲んでるのに?と思いがちですが…

ジュースを飲んでいる安心感から、ジュース以外の水分を摂らずにいると脱水症状を引き起こします。

2-3日で体重が落ちる場合、多くは、脱水効果だそう。食事などの制限は、個人で行う際には要注意が必要です。

糖質制限で「うつ病」に!?

血糖値を保つために副腎から「コルチゾール」が分泌されます。コルチゾールはストレスホルモンともいわれ、極端な糖質制限は危険が伴います。

もちろんとりすぎはよくありませんが、糖質も摂取することは大事ですね

安易にセレブの真似をするのは危険かも

食やダイエットの流行はどんどん入れ替わりますが、「生きるために食べる」「食を楽しむ」という原点を忘れないのが、結局は心身ともにいいように感じます。

栄養失調につながるおそれもあるので、安易な真似は避けたほうがよさそう

1





OGGIさん

周りで流行ってたので自分も始めてみました。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう