1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

全然ちがう!洗濯が一気に楽になる「時短テクニック」

洗濯する時間を時短したい。。それなら、洗濯する前にひと手間かけておくといいかも。

更新日: 2016年10月04日

tea_heartさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1337 お気に入り 364477 view
お気に入り追加

洗濯カゴになんでも放り込むのは☓

洗濯カゴが1つだと、色物やおしゃれ着など、洗濯カゴに入れる時点で分けていないので、あとで分けるのに時間がかかる

洋服を脱いで、白モノは白モノのカゴへ、柄モノは柄モノのカゴへと入れれば洗濯時に分類せずに済む

最初から分けておけば楽チン♪

3coinsで買うた吸盤のフックに引っ掛ける洗濯ネット。靴下専門にするんだ〜*\(^o^)/*脱いだらこれに放り込むと仕分けが楽チン pic.twitter.com/7h0Q4h8p8V

小物・タオル類・汚れのひどい物などは、目の粗い洗濯ネットをカゴ代わりに。

靴下だけを洗濯ネットに入れてそのまま洗濯する

あとは洗濯ネットごと、洗濯するだけ。

洗濯前の汚れ対策で時短!

汚れがついてからなるべく早いうちに、台所用洗剤を直接塗って洗濯機で洗いましょう

皮脂汚れは、先に温めると落ちやすいですよ。

黒ずんだ「衿首の皮脂汚れ」は、液体洗剤を塗り、ドライヤーで10秒温めてから洗濯機へ。つけおき洗いなしでも汚れがよく落ちる

靴下などのガンコな泥汚れは、ビニール袋に粉末洗剤大さじ1、お湯を少々入れて軽くもんでひと晩おく

翌朝に、洗濯機で一緒に洗いましょう。

干す前のひと手間で、シワを防ぐ

洗濯機から取り出した衣類をバサッと振る→大きなシワが伸びます

カゴに重ねていき、 重みをかける

こうすると、重みで自然にシワがのびるそう。

洗濯機置き場に物干し(その代用品)を準備し、その場でかけてしまう。→かけ終わったら、物干しごと干場へ移動してセッティング。→完了

洗濯機置き場でこれらをすると、全体的にグッと時短できますよ。

収納方法にもちょっとした工夫を

シャツを洗濯機から出したら、すぐにハンガーに吊るして干します。乾いたら、ハンガーのままクローゼットに収納するだけ

エリ付きのシャツをハンガーにかける時に一番上のボタンだけ留めておけば、アイロンをかけなくてもエリがビシっとなったまま保てる

なんか予定外に掃除始めてしまったんだけど、靴下をぐるぐる収納に全部変えたことの達成感やばい、ちなみにパンツもぐるぐる pic.twitter.com/FsQSnjnZBI

小物は、たたまずにぐるぐる巻くだけの収納へ。

今度は、再び身の周りの掃除←明日ゴミ収集最終日だから。 テレビで見た軍隊巻きに挑戦! 衣類収納袋を2個買ったけど、一個で収まり、畳むのも簡単&縦入れしたら出し入れし易そう❤️ 横入れだとだんだんゴチャゴチャになるんだよねー。 pic.twitter.com/Yb0HNabKeL

下着や靴下はそれぞれ引出やボックスを用意し、そこに放り投げるだけに

使う頻度の高いものは、この収納方法で充分かも。

Tシャツを収納ケースの高さに合わせて、長方形になるように袖をたたみます。あとは端からくるくるくるっと丸めるだけ

靴下・下着なども、ぐるぐる巻いて入れとくと見つけやすくなりますよ。

1





tea_heartさん

紅茶厨です´◡`

このまとめに参加する