1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ハイスタは新作!そういえばあの懐かしのバンドは今…

Hi-STANDARDの16年ぶりの新作が話題に…!そういえばあの頃流行ってたバンドって今どうなってるの?175R,ロードオブメジャーはまさかの活動休止と解散…そんな中第一線を走り続けるバンドがあった…!懐かしさ満点でまとめてみました。

更新日: 2016年10月05日

critical_phyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
45 お気に入り 65338 view
お気に入り追加

伝説のバンド:Hi-STANDARDが16年ぶりの新作をリリース!

バンドにとって2000年4月の「LOVE IS A BATTLEFIELD」以来およそ16年半ぶりの新作となる本作。シングルには、表題曲を含む全4曲が収録されている。

4日にはすでに店頭に並び始め、CDショップで偶然発見したリスナー、ファンからの歓喜の声がSNSを駆け巡っている。

なお同作のリリースにあたって、レコード店の店頭に並ぶまで事前告知は一切行なわれていなかった。

ハイスタ!一瞬で14歳に戻された!

この気持ちわかりすぎる…

そういえば…あの頃流行ったあのバンドは今…

切ない…175Rは解散してしまっていた…

2ndシングル「空に唄えば」も1位を獲得し、同年末には紅白歌合戦に出場するなど人気を集めた。2000年代に起こった青春パンクブームを牽引したバンドの一つ。

2000年代を代表する彼らのサウンドは軽やかなギターを中心にハイトーンボイスが印象的なボーカルが特徴的で青春感が溢れ出しています。爽やかな楽曲に前向きで明るい歌詞がとても魅力的ですね。

2010年9月、12月に開催するライブツアー「175R Thank you! Hello! TOUR 2010」をもって、活動を休止することを発表。

メンバーの気持ちのすれ違いから生じた解散の危機。これはメンバー同士が深く話し合うことで団結できたが、何よりも、大ブームを巻き起こした175Rイコール「青春」というイメージの重圧に彼ら自身が苦しんでしまった。

彼らにずっとつきまとっていたのが、“青春パンク”という言葉。ひとつのムーブメントとして一世を風靡したが、多くのバンドがそこにカテゴライズされることに戸惑いを覚えていたのも、事実であった。

中学のときによく聞いていたいわゆる青春パンク(175Rやジャパハリネットなど)がいまさら泣ける。いまならダサいと言われかねない、そのまっすぐ過ぎる歌詞がなんか刺さる。当時とくに青春の実感もなく口ずさんでたあの曲が20代後半になってなんかこみ上げてくる。年とったんだなあ…泣

デビュー曲ほんとどこにも売ってなかったよね…ロードオブメジャーも解散していた…

テレビ東京系列のオーディションバラエティ番組『ハマラジャ』の企画でヘッドハンティングされた4人によって結成された。バンドの名称は、同番組の企画名「ロードオブメジャー」から来たと思われる。

シングル「大切なもの」が90万枚強を売り上げ、条件を大きく上回る初登場16位(最高2位)を記録し、デビューを果たせる事が決まった。

2003 年発売の1st アルバムはインディーズバンド初のオリコン初登場1 位を記録。その後もNHK アニメ「Major」の主題歌など数々のヒット曲をリリースする。

2007年7月3日、残念ながら解散を表明。再結成についてはメンバーの北川から「可能性は無い」と否定されている。

オフィシャルサイトではメンバー4人の連名で「ここで一区切り、一度各々の音楽活動の原点に立ち返りたい」とのコメントが発表。

結成のきっかけになった番組企画が「全国のバンドから優秀なメンバーを集める」というものだっただけに、みんな本当はそれぞれやりたいことがあったんでしょうね。

ロードオブメジャーの曲聴くと小学生のときの心が戻ってくる…

そんな中…今も第一線を走り続けるバンドがいた…FLOWの快進撃はすごい!

1 2





個人的な趣味嗜好ばかりまとめてます。
みなさまのお役に立てれば嬉しいです。

このまとめに参加する