1. まとめトップ

唇にできたブツブツ、ヘルペスではないかも?

唇にできた水ぶくれ、もしかして....?と思うかもしれません。忙しくて、病院に行く時間はないけど気が気じゃなくて、他のことに手が付けられない....ですが、もしかしたら、それはヘルペスではないかもしれません。今回はそんなヘルペスの症状と、そうでないものについてまとめてみました。

更新日: 2017年01月12日

2 お気に入り 228259 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

chack23さん

ヘルペス

口唇ヘルペスは、数日で症状が進み、2週間程度で治まります。
最初は、唇がピリピリ、チクチクするなどの違和感が生じます。

そのうち、かゆみやほてりが始まります。半日以内に唇が赤くはれ始めます。1日~3日経つと、はれた患部に水ぶくれができます。

水ぶくれが破れると他人に感染する可能性があります。10日~2週間でかさぶたになり、治ります。

また、左右非対称にできるところが特徴です。

口唇炎

口唇炎は、口の周りや唇に生じる皮膚炎や湿疹の総称です。

原因や症状によって、アトピー性口唇炎、接触性口唇炎、剥離性口唇炎、光線性口唇炎、肉芽腫性口唇炎などの種類に分かれますが、全般的には、赤くはれ、出血や痛みが生じるという症状になります。

唇 ブツブツと調べると大抵の検索結果がヘルペスとでてきますが.....

ヘルペスの症状

とはいえ、一番は病院に行くことがいいですが、忙しい方などそういう訳にもいきませんよね・・・・?心配で、他のことに手がつけられないと思います。

口唇ヘルペスの具体的な症状と、原因であるヘルペスウイルスについて、医師の監修のもと説明します。唇に水ぶくれができる前に、ピリピリ感やムズムズ感を感じたり、赤く腫れたりする前兆があり、この時期に治療を始めるのが効果的です。

日本人の10人に1人が経験したことがあると言われているのが「口唇ヘルペス」です。

口唇ヘルペスの症状は、まず口の周り(あるいは一部)がピリピリ・ムズムズしてきて赤く腫れてきます。
そして、水疱(水ぶくれ)がプツプツとでき、その際に痒みや痛みを感じることもあります。この後、水ぶくれがかさぶたになって、治り始めます。

水ぶくれが破れた患部に触ってしまうと、ウィルスが付着して、粘膜や傷のある皮膚に感染したり、他の人にうつることもあるため注意が必要です。

症状が現れた場合には、出来るだけ早く治療を始めることが大切になります。

イマイチ上記の内容にぴったり当てはまらない。
特に、ピリピリもしていないし、腫れてもいないけど、唇がザラザラしていてよく見ると満遍なく上唇または、唇全体にちっちゃな水袋ができていませんか?
最近リップや、口紅など変えた物はありますか?

口唇炎の原因

口唇炎の原因にはいくつか例があげられます。多くの場合はアトピー性口唇炎や接触性口唇炎です。口紅や乳液、美容クリームなどの化粧品や、洗顔料や歯磨き粉といった洗浄剤、リップクリームなどが唇に接触することで発症するのが接触性口唇炎です。

アトピー性口唇炎の主な症状は乾燥、亀裂、皮のめくれで、皮膚が非常にガサガサになり、時には色素沈着を引き起こす場合もあります。

その他にも日焼けが原因になる場合があります。強い日光に当たっていると唇が赤く腫れあがり、水泡やびらん、亀裂などの症状が発生します。

また、ブツブツのみで一切かゆみなどがない場合もあります。

あっ!そういえば。

注意!!

ヘルペス、口唇炎だったとしても、必ず水袋はいじらないこと!
どちらにしても悪化することは間違いありません!

口唇炎の治療法

できる限り唇を触らないこと(刺激を与えないこと)!
そして、しっかり保湿を行う。

個人的にはこれを使って保湿しています。
保湿すると、早く治ります!

また、唇に刺激を与えるようなものは避けましょう!

ただし.....!

口唇炎があまりにも酷い場合(ヒリヒリしている、ただれている、悪化した)は、出来るだけ早く病院に行った方がいいです!
今回は軽度の症状であれば、改善出来るという話でした。
ヘルペスはウィルス性ですので、病院で一度診断してもらってください。

とにかく、唇の周りは清潔に保湿をしっかりすることが一番大事です♫

1