1. まとめトップ

【時空・異世界】 地下の丸穴

数ある時空・異世界などに関連した不思議なお話を紹介します。今回の作品は『地下の丸穴』です。

更新日: 2016年10月05日

4 お気に入り 38648 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Ghostailさん

『地下の丸穴』

学生時代に私の住んでいた故郷に某新興宗教施設が建設された。
住んでいた場所が田舎だった為に遊ぶところなど殆どなく
暇を持て余していた私達は、ある日その新興宗教施設の中へと
肝試しに出かける事にした。

時間や空間などの異変や、
この世界とは違う世界に迷い込んだなどの
話を載せています。

基本的にあまり怖くないですが不思議な話が多いです。

これは17年前の高校3年の冬の出来事です。

あまりに多くの記憶が失われている中で、
この17年間、わずかに残った記憶を頼りに残し続けてきた
メモを読みながら書いたので、

細かい部分や会話などは勝手に補足や修正をしていますが、
できるだけ誇張はせずに書いていきます。

私の住んでいた故郷は、すごく田舎でした。

思い出す限り、たんぼや山に囲まれた地域で、遊ぶ場所といえば、
原つきバイクを1時間ほど飛ばして市街に出て
カラオケくらいしかなかったように思います。

そんな片田舎の地域に1991年突如、
某新興宗教施設が建設されたのです。

建設予定計画の段階で地元住民の猛反発が起こり、
私の親もたびたび反対集会に出席していたような気がします。

市長や県知事に嘆願書を提出したり、
地元メディアに訴えかけようとしたらしいのですが、
宗教団体側が「ある条件」を提示し、建設が強行されたそうです。

条件については地元でも様々な憶測や噂が飛び交いましたが、
おそらく過疎化が進む市に多額の寄付金を寄与する事で、
自治体が住民の声を見て見ぬふりをした、という説が濃厚でした。

宗教施設は私たちが住んでいる地域の端に建てられましたが、
その敷地面積は東京ドームに換算すると
2~3個ぶん程度の広さだったと思います。

過疎化が進む片田舎の土地は安かったのでしょう。

高校2年の秋頃に施設が完成し、親や学校の担任からは

「あそこには近づくな」

「あそこの信者には関わるな」

と言われていました。

私たちはクラスの同級生8人くらいで見に行ったのですが、
周りがすべて高い壁で囲われ、正面には巨大な門があり、
門の両端の上の部分に、恐ろしい顔をした般若みたいなものが彫られていました。

それを見た同級生たちは

「やばい!悪魔教じゃ悪魔教じゃ」

と楽しそうに騒いでいましたが、そういう経緯から学校ではあの宗教を

「悪魔教」や「般若団体」などと、

わけのわからないアダ名で呼ぶようになりました。

たまにヒマな時などは、同級生ら数人で好奇心と興味と暇潰しに施設周辺を
自転車でグルグルしていましたが、不思議な事に信者や関係者を見た事は
一度もありませんでした。

あまりに人の気配がなく、特に問題も起きなかったので、
しだいに皆の関心も薄れていきました。

高校3年になり、宗教施設の事は話題にもならなくなっていたのですが、
ある日同級生のAが

「あそこに肝だめしに行かんか」

と言いはじめました。

Aが言うには

「親から聞いたけど、悪魔教の建物に可愛い女が出入りしとるらしい。
 毎日店に買い物に来とるらしいで」

Aの実家は、地域内で唯一そこそこ大きいスーパーを経営していました。

Aの両親は毎日2万円~3万円ぶんも買い物をしていく

「悪魔教」にすっかり感謝しているようでした。

Aは

「俺の親は、あそこの信者はおとなしくて良い人ばかりって言いよったよ。
 怖くないし、行ってみようや」

私やその他の同級生も遊ぶ場所がなく毎日退屈していましたので、

「じゃあ行くか!」

という事になり、肝だめしが決定しました。

メンバーは私とAとBとCとDの同じクラスの5人と、
後輩のEとFの全員男の7人になりました。

7人もいれば怖くないでしょう。皆も軽い気持ちで行く雰囲気でした。

待ち合わせは施設にほど近い、廃郵便局の前になりました。

私が到着するとABCとEは来ていたのですが、
DとFが30分近く待っても来なかったので、5人で行く事になりました。

施設の近くに自転車を停車させ、徒歩で施設の門へ。

「うわ~夜中はやっぱ怖いわ」や「懐中電灯をもう一つ持ってくりゃ良かったね」

などと話していました。

巨大な門の前まで来ると門からかなり離れた敷地内の建物の
一ヶ所に電気がついていました。

「うわぁ信者まだ起きとんじゃね」「悪魔呼んだりしとんかね(笑)」

などと軽口を叩いていましたが、

Cが

「これ、中に入れんじゃん」

と言いました。

するとAが

「俺が知っとるよ。横を曲がったとこに小さい門があってそっから入れる」

と言いました。

「A、なんで早く言わんのんや」

とか言いながら、壁づたいを歩き、突き当たりを横に曲がり、
少し歩くと壁に小さな扉がありました。

Aが手で押すと、向こう側に開きました。

人ひとりようやく通れる扉を5人で順番に通って中に侵入しました。

その後は懐中電灯をつけたり消したりしながら
更地の敷地内をグルグルしていました。

「なんもないじゃん」

「建物に近づいたらさすがにヤバイよの」

など小さな声で雑談していたのですが、あまりにも何もなくつまらないので
施設に近付いてみる事にしたんです。

敷地内は正面の門からは長々とした100メートルくらいの完全な更地で、
その先に大きな施設が三棟並んでいました。よく覚えていませんが、
とても奇妙な外観をしたデザインの建物でした。

施設周辺をコソコソ歩いていると、施設と施設の間に、
灯りのついたキレイな公衆トイレの建物がぽつんとあり、
トイレがある場所一帯は白いキレイなコンクリートで舗装されていて、
ベンチまでありました。

Aが

「ちょっと休憩しようや」

と言い出し、周りの同級生らは

「はぁ?見つかったらさすがにヤバイだろ」

「さっさと一周して帰ろうや」

と言いました。

私も

「見つかったら警察呼ばれるかもしれんし、卒業まであと少しじゃし、
 問題起こしたらヤバイ、はよう帰ろうや」

と言いました。

しかしAはベンチに座ると煙草を吸い始めました。

「じゃ一服だけして帰るか」

という事で、全員でその場に座って煙草を吸いました。

するとAが

「俺ちょっとトイレ行ってくるわ」

とその公衆トイレの中に入っていきました。

BやCは

「アイツ勝手に入った建物のトイレでよくションベンなんか出せるなぁ」

「ウ○コなら悪魔に呪われるんじゃないか」

とか冗談を言いながら煙草を吸っていたんですが、しばらくするとAが
トイレの中から

「お~い。ちょっと来て。面白いもんがあるよ」と

小さな声で言いました。

ゾロゾロと行ってみるとAは

「ほら、ここなんだと思う?」

と便所の個室を指さしました。

Bが

「トイレじゃん」

と言うと

「ドア開けてみてや」

と言い、Bが

「なんや」

と言いながら扉を開けました。

扉を開けてみると、なぜか中には地下に降りる階段がありました。

Aは

「おかしいじゃろ。便器便器と並んで、ここだけ階段なんよ」

と言いました。

いよいよ、この状況がおかしな事に気づきました。

第一Aの言動がずっと不可解でした。

Aが急に肝だめしを提案した事、横の扉の位置を把握していた事、
トイレの扉をわざわざ開いた事などです。

私はAに

「お前まさかココでウ○コするつもりだったん?」

と聞きました。

Aは

「いや、うん、そうじゃ」

と曖昧に答えた後

「ちょっと降りてみんか?」

と皆に聞き始めました。

私は当然断りました。

「お前おかしな事言うなや。
 はよ帰ろう。ここでグズグズしよったら見つかるじゃろ」

と言うと、

「はは~お前怖いんじゃろ?ちょっと降りるだけなのに怖いんじゃろ」

と馬鹿にした感じで言い出しました。

私はこれはAの挑発だと思いました。
下に誘導しようとしているとしか思えなかったのです。

Bも

「ワシもいかんわ。帰ろうで」

と言ってくれたのですが、他の二人は

「なんか面白そう。ちょっとだけ降りようか」

みたいな感じでAに同調したのです。

Aは

「お前らは勇気あるの~」

とか言いながら、私やBを更に挑発していましたが、

Bは

「ワシ行かんで。勝手に行けや」

と吐き捨てるように言いました。

Aは

「ならまず3人で降りるわ。お前らはとりあえずココで待っといてや」

と言いました。

そして3人は下へと降りて行ったのです。

私とBの二人はトイレの外には出ず、中で待っていました。

トイレの周辺は施設に挟まれた形で、窓も多数あったため、

「どこの窓から見つかるか分からない」

と思い、トイレ内で待機していました。

Bは

「おい、Aってなんか変じゃないか?」

と聞いてきました。

私は

「今日のAはおかしい。
 なんか最初っから俺らをココに連れてきたみたいな感じがする」

と答えると、Bも

「ワシもそう思いよった」

と言いました。

その後はBと一緒に今夜の事や見つかってしまった時の対処法などを
話していました。

5分近く経った頃、

「ちょっと遅くないか?!」

と私もBもイライラし始めました。

Bは

「もう二人で帰るか」

と言い出したのですが、二つあった懐中電灯のうち二つともAたちが
持って降りてしまったので、暗闇の中あの小さな横の扉を発見するのは
時間がかかると判断し、しぶしぶ待っていました。

すると、遠くのほうから足音が聞こえてきたんです。

ザッザッザッという複数の足音が遠くから聞こえてきました。

私もBも、一瞬で緊張しました。

私たちは小声で

「ヤバイ…人がきた。マズイで…」

と囁きあいました。

場が張りつめた雰囲気に変わりました。

足音は遠くからでしたが、どの方角からの足音か分からなかったですし、
いま外に出ても私たちは施設内の方向や構造が分からないので、
見つかってしまう可能性がありました。

Bが

「ヤバイ…近づいて来とるで…どうする?」

とかなり慌てた感じで言っていました。

私も内心は心臓がバクバクしながら

「コッチに来るとは限らんし、来そうなら隠れよう」

と言いました。しかし確実に足音は私たちのいるトイレに近づいてきていました。

1 2 3