1. まとめトップ
  2. カラダ

人ごみで疲れる...それもしかしたら「人酔い」してるのかも

人ごみに行くと疲れる人は多いかもしれません。それはもしかしたら「人酔い」してるのかもです。

更新日: 2016年10月05日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
77 お気に入り 38105 view
お気に入り追加

「人がたくさんいる所」に行くと疲れる

人が集まる所に長時間いると吐くまではいきませんが、気持ち悪くなってきます

混んでいる電車や、人の多い街、閉鎖された美術館、クラブ、大教室。そういうところにいくと、ぼくはいつも息が苦しくなった

それ、もしかして「人酔い」してるのかも

人が数多く存在している空間において発生する息苦しさ、混乱などを原因として気分が悪くなること

「人酔い」という言葉があるように、混雑のなかに身を置くと具合が悪くなる人もいるようだ

「人酔い」という病名や医学用語はないですが、人混みに行くと具合が悪くなる、ひどい場合は立っていられなくなり失神する、という症状は実在します

「人酔い」は「血管迷走神経反射」と言われている

「人酔い」のその正体は「血管迷走神経反射」と言う、暖かい時期に多い症状です

通勤途中の女性が貧血を起こして倒れてしまうことがあるのもこの一例

自律神経系が突然失調し、血圧や心拍数が乱れ、失神やめまいなどの症状が起こってしまうと考えられています

主な症状は失神

場合によっては倒れた時に頭を怪我してしまうケースがあり、これが問題となります

▼どんな対策をしたら良いのか?

無理をせずに休憩する

人に酔ったらまずは休憩する事が最善の対処法みたいです

自分がどの程度内向的なのかによって、かなり長い時間1人になる必要があるかもしれません

予定されたイベントの前に、ひとりきりになれる時間をスケジュールに組み込むのも有効かもしれません

口に何か入れる

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する