1. まとめトップ

加齢臭は女性もある?!30代から発生する加齢臭の原因と対策とは?

加齢臭は女性にも発生する?!気づかぬうちに周囲に悪臭を振りまいてしまう原因とは…?

更新日: 2016年10月05日

0 お気に入り 1255 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pontaspontasさん

あれ?
あの人なんか、妙に変なニオイがしない?

女性だし、汗とかなんじゃない?

いや、汗というよりはなんかツンとしたきついニオイなんだけど…
ワキガとかじゃなくて、コレってもしかして…。

加齢臭なんじゃ…?

30代から発生する?!女性にも襲い掛かる加齢臭!

加齢臭というと「男性」というイメージがありますが、実際には女性にも存在します。
ただ、加齢臭が…という時期が男性とは違い40~50代ぐらいから発生するといわれていました。ところが、現在では様々な影響があり女性でも30代から加齢臭がするということもあるそうです。

「女性だから加齢臭はない」ということはありません。

加齢臭はなぜ発生するのか?

加齢臭の原因は、男女ともに「ノネナール」という、皮脂腺から分泌される物質です。ノネナールは、皮脂腺の中の脂質が活性酸素によって酸化されてできる「過酸化脂質」と、脂肪酸「パルミトオレイン酸」が反応することによって発生します。つまりは酸化した脂のにおい。

誰にでも存在する皮脂が酸化したことによって発生する臭い それが、加齢臭の原因なのだそうです。男女という性別は特に制限がなく、皮脂が酸化したかどうかという点が原因だったのです!

常に感じるニオイは、自分ではわからない!

人間の脳には「順応」という機能があり、いつも漂っているニオイなどの刺激を脳が感じないように消してしまっています。これを順応と言います。(中略)このような脳のフィルター機能を「least upper bound(LUB, リーストアッパーバウンド)」と言います。

耳の聴覚、鼻の嗅覚は、生きている限り永遠に情報が入り続けますが、それをすべて重要だと脳が認識していたらあっという間にパンクしてしまいます。

よく言えば、都合がよくできている。
悪く言えば、悪臭を知らぬうちに放っていることになるというわけです。

例えばですが、香水を大量に着けている人がいますよね?
周りは鼻をつんざくほどの匂いに顔をしかめてしまいますが、当の本人はしれっとしています。
強いニオイなのに更に香水を沢山使用するというのは、その匂いをわかっていないから「香水の匂いがしない」と勘違いして、沢山香水を振りかけてしまうのです。

これが加齢臭の場合だとどれだけ沢山のニオイの元があるかわかりませんし、自分では一切わからないため忠告されたときは「かなり匂っている可能性が高い」と考えたほうがいいかもしれません。

男性に加齢臭が多いのは皮脂が多いから では、女性は?

加齢臭が男性に多いのは、加齢臭の元となる皮脂の分泌が女性よりも多いからです。女性の方が皮脂の分泌が少ないのは、女性ホルモンに汗腺や皮脂腺の働きをコントロールする働きがあるからです。

男性は、女性よりも皮脂の分泌が多いそうです。
そのため酸化してしまった皮脂が臭いを発生させ、加齢臭となります。
誰にでも存在するものですが、その強烈なニオイは対処することで軽減できるのでしっかりとしておいたほうがいいでしょう。

女性は皮脂分泌が少ないといっても、女性ホルモンによるコントロールがあるからだそうです。

皮脂の分泌が多くなってしまえば 女性でも加齢臭が発生する!

加齢臭の原因は、「脂肪酸が酸化すること」ですから、これは男女共通です。ですから、「女性は男性と比べると、加齢臭が発生する確率は低い。しかし、加齢臭の発生メカニズムは男女共通なので、女性も十分に注意する必要がある」ということになります。

皮脂の分泌をコントロールする女性ホルモンが少なくなる時期というのは、女性に訪れます。
そう、閉経です。閉経した女性は女性ホルモンの分泌が減るため、皮脂コントロールが男性と同じ状態となります。

これが、女性にも発生する加齢臭の要因のひとつだといわれています。

加齢臭対策!耳の後ろと首の後ろ 脇と背中をキレイに!

頭皮は皮脂の分泌量がとても多く、臭いやすい部分。他には、ワキや背中、首の後ろなども加齢臭が多く発生しやすい場所です。

意外と、洗うことを忘れがちのゾーンです。

・耳の後ろ
・首の後ろ

意識して、しっかりと洗い清潔にしておきましょう!

手軽にキレイにするコットンなどがオススメ

いくらキレイにしろといっても、日中に何度もシャワーを浴びることは不可能です。
そこで、こういったタイプの体を拭くことができるものがオススメ。

殺菌力等々の文言があるものや、スッとするアルコールが含まれているものは加齢臭の原因となる皮脂を酸化する間に拭き取ってしまえます。耳の後ろや首の後ろというのは、意外と洗っていなかったり洗い残しがあったりしますし、汗が溜まってしまいやすいという点も否めません。

だからこそ、汗をかいたなといった場合や、朝・昼・昼過ぎと時間を決め耳と首の後ろだけ拭くといった習慣を付けることで臭いを抑えることができるかもしれません。

服にもニオイは付着しますので、デオドラントタイプが強力な洗剤や柔軟剤などを使用するといいですよ。ただし、香水だけは汗や脂と交じってとんでもないニオイになる可能性があるので、使用は控えましょう。

1