1. まとめトップ

【演技派】どうしてこんなに色っぽい!?...『二階堂ふみ』主演映画【かわいい】

22歳の若さですでに色気いっぱいの二階堂さんです。

更新日: 2017年09月13日

4 お気に入り 20925 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rayoshiさん

二階堂ふみ

1994年9月21日(22歳)
沖縄県那覇市
157 cm O型

劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ(2011)成田美知子 役

“神聖かまってちゃん”の大規模なライブまであと1週間。プロ棋士を目指す女子高生の美知子。彼氏に神聖かまってちゃんのライブに誘われるが、その日は大事なアマ王座決定戦の決勝が控えていた。昼は清掃業、夜はショーパブダンサーとして働き詰めのシングルマザー、かおり。ある日、神聖かまってちゃんに夢中の息子が保育園で問題を起こし、呼び出しをくらう。神聖かまってちゃんのマネージャー、ツルギ。メジャーデビューに浮かれる間もなく、新しい上司から不条理な難題を押しつけられてしまい…。

ヒミズ(2012) 茶沢景子 役

どこにでもいる中学3年生の祐一(染谷将太)の夢は、成長してごく当たり前のまっとうな大人になること。一方、同い年の景子(二階堂ふみ)の夢は、自分が愛する人と支え合いながら人生を歩んでいくことだった。しかしある日、2人の人生を狂わせる大事件が起き……。

ほとりの朔子(2014) 朔子 役

浪人生の朔子(二階堂ふみ)は叔母の海希江(鶴田真由)の提案で、旅に出た伯母(渡辺真起子)の家で2週間過ごすことに。彼女は海希江の幼なじみの兎吉(古舘寛治)やその娘の辰子(杉野希妃)、福島から避難してきたおいの孝史(太賀)らと出会う。のどかな場所で、朔子は仕事に集中する叔母をよそに短い夏休みを満喫していた。

私の男(2014) 腐野花 役

奥尻島に猛威を振るった津波によって孤児となった10歳の花(山田望叶)は遠い親戚だという腐野淳悟(浅野忠信)に引き取られ、互いに寄り添うように暮らす。花(二階堂ふみ)が高校生になったころ、二人を見守ってきた地元の名士で遠縁でもある大塩(藤竜也)は、二人のゆがんだ関係を察知し、淳悟から離れるよう花を説得。やがて厳寒の海で大塩の遺体が発見され、淳悟と花は逃げるように紋別の町を去り……。

この国の空(2015) 田口里子 役

終戦も近い昭和20年。東京・杉並の住宅に母と暮らす19歳の里子は、度重なる空襲におびえながらも、健気に生活していた。隣家には妻子を疎開させた銀行支店長の市毛が暮らしており、里子は彼の身の回りの世話をしている。日に日に戦況が悪化し、自分は男性と結ばれることのないまま死ぬのだろうかという不安を覚えた里子は、次第に女として目覚めていくが……。

蜜のあわれ(2016) 赤子 役

自分のことを「あたい」と呼ぶ愛くるしい赤子と、赤子から「おじさま」と呼ばれる老作家。親子以上に年の離れた二人だが、とめどない会話を交わし、夜になると体を寄せ合って寝るなど、仲睦まじく暮らしていた。赤子はある時は女(ひと)、ある時は真っ赤な金魚と姿を変えるが、普通の人間には彼女の正体はまったくわからない。そんな中、老作家の過去の女が幽霊となって現れた。赤子役を二階堂ふみ、老作家役に大杉漣。幽霊として登場する過去の女役を真木よう子が演じる。

オオカミ少女と黒王子 (2016)  篠原エリカ 役

恋愛経験ゼロにもかかわらず、見栄っ張りで友達と架空の彼氏との恋愛話を語る「オオカミ少女」の篠原エリカ。街で見かけたイケメンの盗撮写真を自分の彼氏だと偽り、友達をやりすごそうとするが、写真の男は女子から絶大な人気を集めている同級生・佐田恭也だった。エリカは事情を打ち明け、恭也に彼氏のフリをすることを承諾してもらうが、その代わりにエリカが飲んだ条件は恭也の「犬」となること。人当たりがよく人気者の恭也の本性は、評判とは真逆の、腹黒で超がつくドSの「黒王子」だったのだ。かくして、偽装カップルとなったエリカと恭也だったが……。

ふきげんな過去(2016) 果子 役

1 2