1. まとめトップ
  2. カラダ

100円以下で買える!4つの身近なスーパーフードで「ダイエット貧乏」から脱出しよう

栄養価が高くて美容・ダイエットに効果のあるスーパーフードですが、次から次へと出て来るスーパーフードは家計を圧迫しますよね。ちょっと待って、そのスーパーフードは本当に必要ですか?お金をかけなくても、ダイエットは出来るんです。

更新日: 2016年11月30日

506 お気に入り 171273 view
お気に入り追加

スーパーフードは、体に良いけどお高いですよね

次から次へと出てくるスーパーフード。
体が痩せる前に、お財布が痩せちゃいそうw

アサイー、チアシード、スピルリナ、マキュベリー……。海外セレブやモデル、女優などからその人気に火が付いたスーパーフード。

スーパーフードでなければ摂れない栄養素というのはあまりありません。その上、手に入りづらく割高、加えて特段味がいいワケでもない……。おカネをかける意味はあるのでしょうか。

スーパーフードだけに頼るのはNG!

メディアで持て囃されて、意識高い系が飛びつくスーパーフード、実際のところ正しく摂取されていないケースも少なくないという。

木を見て森を見ず的になりがちなのがスーパーフード信者の欠点。食べ物は全体のバランスが重要であり、スーパーフードはその中の有力アイテムの一つにすぎないということを忘れがちなんです。

人間が必要とする「たんぱく質・炭水化物・脂質」の三大要素を十分に補うには、いくらスゴイとはいえ、スーパーフードのみでは難しく、また高コストとなってしまうこともあるので、注意が必要なんですよ。

ダイエットには、バランスの良い食事が一番!

ダイエット=体重を減らすことと考えている方も多いですが、ダイエットで最も大切なことは、ダイエットに有効な食事法を学び、食べる量を無理なく調整するコツをマスターすることです。

栄養バランスがとれているということは、その栄養の効果がしっかりと発揮することができ、体の機能が正常に働くこととなります。体の機能が正常に働くことにより、基礎代謝が向上します。

【安価で買えるあの食材も実は「スーパーフード」だった】

1.卵

チアシード、キヌア、アサイーなど様々なスーパーフードがありますが、スーパーフードと呼ばれていない「卵」は最も優れたスーパーフードと呼べるほど栄養価の高い食品です。

卵はたんぱく質、脂質のほか、カルシウムやリン、鉄や亜鉛などのミネラル、ビタミンA、Bなど多くの栄養素をバランスよく含み、完全栄養食品と言われているのもナットク。

♢他の食材と組み合わせて、栄養価UP!

卵は半熟よりもゆるい状態でのせると、熱々のあんの上でちょうどいい感じになります。 食べるときに、ごま油や七味などをお好みでのせても。

2.納豆

納豆はビタミンKやC、カルシウム、鉄分などを豊富に含んでいるので、マルチビタミンサプリのような役割を果たしてくれます!

大豆を納豆菌のチカラで発酵させることで、大豆をそのまま食べるより消化吸収にすぐれています。

納豆菌やナットウキナーゼ、ポリアミンなどの栄養成分が含まれ、腸内細菌の集まりである腸内フローラを改善したり、血液の流れを良くして動脈硬化などを予防したりする納豆は、日本の身近なスーパーフードなのです。

♢納豆は、キムチと食べると相乗効果が◎

1 2





気になることをサクサクまとめていきます!



  • 話題の動画をまとめよう