1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

prprpotさん

同じ「うどん」でも地域によって特徴がある!

うどんとは、小麦粉に少量の塩水を加え、こねたものを麺状にした日本有数の麺食品です。茹でてつゆにひたして食べたり(つけ麺)、カツオだしと醤油で味付けしたかけ汁(かけ麺)で食べます。香川県の讃岐うどんが全国的に有名です。

三大うどんは、①稲庭うどん(秋田県稲川町)②讃岐うどん(香川県)③五島うどん(長崎県)④水沢うどん(渋川市)⑤きしめん(愛知県名古屋) の中で意見が分かれるようです。

3大うどんってどこだろう…

稲庭うどん

稲庭うどん(いなにわうどん)は、秋田県南部の手延べ製法による干しうどんである。日本三大うどんのひとつに数えられる。

ひやむぎより若干太く、やや黄色味かかった色をしている乾麺。製造工程は、食用植物油を使用せず[要出典]打ち粉としてでん粉を使う[要出典]点や、乾燥前につぶす[要出典]事による平べったい形状が特徴。麺は気泡により中空になっており、そのために食感は滑らか。

乾麺からつくる平べったい、口触りなめらかなうどんです。

讃岐うどん

日経リサーチの隔年調査では地域ブランドの総合力において讃岐うどんは350品目中1位となり観光客は行き先選択の理由、香川の魅力の第一にうどんを挙げ2011年には香川県庁と香川県観光協会はうどんを全面的に推しだした観光キャンペーン「うどん県」をスタートさせた。

いわずと知れた「うどん県」のうどんです。

五島うどん

五島うどんは、島の特産である食用の椿油を塗布しながら、棒状の生地を2本の箸にかけて引き延ばしては束ねる作業を繰り返して紐状の細い麺にしていきますが、この過程でしっかりと熟成を重ねたあと、乾燥させます。この伝承の技を受け継ぐ麺匠の腕によって、コシが強く、切れにくい五島うどん特有の麺へと仕上がります。 白磁のように艶〈つや〉があり、プルンと滑らかな食感と、麺自体の持つ豊かな風味と椿油が調和して、シンプルでありながらも、奥深い味わいを引き出しているのが、最高品質を誇る五島うどん最大の特長です。

食用の椿油を使ってのばすのですね!

水沢うどん

水沢うどんは、創建1300年もの歴史を持つ水沢寺参拝者に振舞ったのがそもそもの起源とも言われているそうです。

日本三大うどんのひとつで400年以上の歴史があります。

伊香保の温泉街から車で7~8分くらい下った所に水沢観音があり、その周辺にうどん屋さんが集まっています。(水沢うどん街道)

現在、13軒のお店(水沢うどん商標登録店組合加盟店)があります。


水沢うどんは、小麦粉、塩、水沢の水だけで作られています。

(添加物は一切使用していません)


※日本三大うどん:秋田の稲庭うどん・群馬の水沢うどん・香川の讃岐うどん

・・・各県、自分の県が「三大うどん」だと名乗りをあげています!

きしめん

きしめん(棊子麺)とは、薄くて平たい麺を使用したうどん料理。愛知県名古屋市の名物である。
「現在の愛知県刈谷市(旧・三河国芋川)で作られたものが、”きしめん”の先祖」という説が有力である。
同地で作られていた平らなうどんは「芋川(いもかわ)うどん」と呼ばれ、江戸時代初期から同地の名物として知られており、
同時代に書かれた『嬉遊笑覧』では、「江戸で言う”ひもかわうどん”の起源か?」とも記されている。
だが「芋川」の場所は、今川町、今岡町(その事を記した木碑がある)、一里山町と諸説ある。

こちらも平らなうどんですね。

伊勢うどん

伊勢うどん(いせうどん)とは、三重県伊勢市を中心に食べられるうどん。
たまり醤油に鰹節やいりこ、昆布等の出汁を加えた、黒く濃厚なつゆ(タレ)を、軟らかく煮た極太の緬に絡めて食べる。
徹底的にコシをなくした極太麺と濃厚なタレは、コシの強さとさっぱりしたつゆが持ち味の讃岐うどんと対極にある。
麺を茹でる時間が非常に長く、通常のうどんが15分程度であるのに対して1時間弱ほど茹でる。

ゆで時間1時間!!

耳うどん

耳うどん(みみうどん)は、栃木県佐野市(旧葛生町)仙波における郷土料理の一種で、うどん類似の麺料理。
佐野市仙波町に昔から伝わる、耳の形をした料理。
仙波町では、このうどんをお正月に食べるのが習慣になっている。
耳うどんは悪い神様の耳を意味しており、耳を食べてしまえば家の話を悪い神様に聞かれることがないから、
一年間悪いことが起こらない、つまり、魔除けになるといわれている。
また、耳を食べてしまえば悪口が聞こえないため、近所との交際が円満にいくなどの言い伝えもある。
すいとんに近い食感で、具は五目うどんと似ており、汁も関東風の濃い醤油味である。
おせち料理の残り物を処理する、という感覚が強く、耳うどんを出すうどん屋でも伊達巻等おせち料理の素材を入れて出す店もある。

うどんはつるつる飲み込むものという概念が覆された究極の平ら麺ですね。

1