1. まとめトップ

中国の軍事費は最近他国を大きく引き離す勢いで急増。日本の5倍に達していると指摘した。

弾道・巡航ミサイルが質量ともに増強されつつあるほか、長距離ステルス戦略爆撃機も初めて保有するに至った、

日本にとって短中期的な脅威は中国であり、最近覇権的な構想が目立つ。弾道・巡航ミサイル、航空機潜水艦などの近代化が進展、一般防衛装備も増強

日本は防空ミサイル総合防衛構想を実現しなければならない。弾道ミサイル迎撃には、イージス艦とパックス3という2段構えできちんと対応するが、打ち損じもあり得る。

中国の弾道・巡航ミサイルが質量ともに飛躍的に拡充され、宇宙空間における軍事力も向上している。長距離ステルス戦略爆撃機は、しばらく持てないと思われていたが既に保有している。近代化さたH18、H6という航空機を持ち、ミサイルを撃つこともできる。

中国の弾道・巡航ミサイルは質量ともに圧倒的で、比較にならないほど大規模だ。台湾の対岸には短距離弾道ミサイルが千何百発も存在する。一部は沖縄に向き、BF21 は150発ぐらいあり嘉手納基地も到達範囲となる。2013年の防衛大綱には、中国の脅威への対抗策がかなり具体的に書かれている。日米同盟を堅持し、「接近阻止領域圏」を設け、日米で対応すべきである。

尖閣諸島での、中国巡視船による「領海侵犯」が繰り返し報じられている。ただ意外と理解されていないことだが、たんに日本の領海に入るだけでは「領海侵犯」は成立しないのである。 ■中国の軍艦が領海に入っても、それだけでは「領海侵犯」にはならない 国連海洋法条約第17条は「無害通航権」を定めている。これは海上交通の便宜を図るために、領海上の主権を一部制限するものである。沿岸国の平和、秩序または安全を害しない...

1





daiba49さん

政敵の悪口ばかりの政治家、広告主や権力批判出来ない新聞テレビは信じません。フィルターの無い・・ウィキリークのようなナマの情報でなければね!
私?知性も野生も感性もない軽い変態ですが!?何か?

このまとめに参加する