1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

がん治療薬「オプジーボ」価格値下げへ‥異例の措置に色々な声が出ている

厚生労働省は、高額ながん治療薬「オプジーボ」について、現行ルールの計算式を用いて薬価を最大25%引き下げることを中央社会保険医療協議会(中医協)の専門部会に提案しました。

更新日: 2016年10月11日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
48 お気に入り 58587 view
お気に入り追加

●厚労省は、がん治療薬「オプジーボ」を最大25%引き下げることを提案

高額ながん治療薬「オプジーボ」について、厚生労働省は5日、現行ルールの計算式を用いて薬価を最大25%引き下げることを

また、オプジーボを使用する医療施設や患者の要件について定める適正使用指針の骨子も示し、大筋で了承された。

●厚労省は、高額薬引き下げとなる既存の仕組みを適用すると提案

厚労省が想定以上に売れた高額薬の価格を引き下げる既存の仕組みをオプジーボに適用すると提案

中医協の委員から目立った反対意見はなく、今後は引き下げ率を議論する。

・専門部会では、再来年の価格改定前に引き下げる方針を確認

5日開かれた中医協の専門部会では、「高額な薬が医療費を押し上げる一因となっており、次の改定までこの状態を放置することはできない」としたうえで

「オプジーボ」の価格について、再来年4月の定期的な価格改定の前に引き下げる方針を確認しました。

薬価は原則2年に1回改定され、前回は2016年度で、次回は18年度に実施予定。

・厚労省は「市場拡大再算定」でた薬の価格を見直している

厚労省は、2年に1度の薬価改定の際、薬価調査を行った上で、「市場拡大再算定」というルールを使い、

・一方、オプジーボは、16年度改定に薬価見直しが間に合わなかった

一方、オプジーボは14年に皮膚がんの一種を対象に発売され、その後肺がん、腎細胞がんと適用対象者が広がっているが、

●ネットでは、価格引き下げに期待の声が上がっている

オプジーボ、引き下げの方向なの? だとしたら、助かる患者さんも絶対多いはず! #nhk11

オプジーボの値下げはガン患者には朗報になればいいな(*'ω')ノ #nhk11

リアルタイムに反映されるのね、自分のコメント流れてビビった! でもね、本当に、オプジーボは効果がかなり謳われていて、でも高くて手が届かないものなのですよ だから引き下げ検討は嬉しい

高すぎる抗がん剤「オプジーボ」。 早く一般的な価格になって誰でも投与できるようになればいいなぁ。

・一方でこんな声も‥

高額がん治療薬オプジーボ、最大25%値下げへ:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASJB5… 値下げってどういうシステムで価格を決めてるのか知らないけど、このオプジーボを保険適用したのは絶対早まったよな

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。