1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ゲス極「川谷絵音」に擁護や否定も…痛烈なバッシング社会どう思う?

彼女の未成年飲酒が明らかになり、バンドの活動自粛を発表した、川谷絵音さん…しかしこの対応に様々な声が上がっています。感情と空気でバッシングする社会って、どう思いますか?

更新日: 2016年10月06日

35 お気に入り 103682 view
お気に入り追加

ゲスの極み川谷絵音さんに対する風当たりって、どう思いますか?

ひとまず事実関係を押さえて行くと…

川谷は今年1月に、タレント・ベッキーとの不倫騒動が浮上。妻がいることを隠してベッキーと交際していたことなどで非難の声が上がった。

8月末に週刊女性がすっぱ抜いた「20代前半の美女をマンションにお持ち帰り、独身生活を謳歌」

それに対して各関係者のコメント【否定的な意見】

「いま休止するなら、あー、反省したんだなと思うけれど、12月までやってそれから休止って、アーティストとしてはよくあるパターンじゃん」

「ウツボカズラみたいじゃないですか、食虫花。周りの人を巻き込んで、自分は成長していっちゃうというか」と、川谷の人間性を非難した。

・肯定的な意見もあります。

ワイドショーはこぞって川谷君叩き…僕は擁護するつもりはこれっぽっちも無いが叩くつもりも全く無い!

10月4日…本日、誕生日を迎えられたそうでおめでとうございます。20歳になられたとか…人生は失敗してもきちんと反省して、その失敗を活かして再スタートできるはずなんですが…どうも最近の世の中はそうではないみたいです…特に若い人はそうあるべきだと思うのですが… 負けずに頑張って下さい

「お前みてぇなもんが」「こんなブサイクが」と嫉妬され、もし彼が俳優の松田翔太のようなイケメンなら、誰も叩かなかっただろう―と持論を展開した。

そんな状況下で、ファンの間では…

そんな中で、感じるのが感情と空気が支配する日本社会

プライベートの騒動ばかりが先歩きし、肝心の彼が発信する独創的な音楽がきちんと評価されないことが残念でならない。

彼の音楽作品など聴きもしない人間によって、“こんな奴の作品は世の中から抹殺されても仕方ない”との世論が形成されていく。

このバッシングや芸能人の不祥事にネットからの反響は…

最近の長谷川豊的な現象(弱者バッシング)をみるにつけ、日本人は「人に迷惑をかけてはいけない」概念から逃れたほうがいいんじゃないか。迷惑をかけたくないと思っていても、かけてしまう場合がある。迷惑をかける人間に冷淡な社会より、かばいあい、支えあえる社会のほうが成熟した社会だと思う。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する