1. まとめトップ
  2. カラダ

腸内環境と薄毛には密接な関係があった!腸内環境を良くする食材4選

薄毛に悩んでいるなら、まずは食べ物を見直しませんか?糖尿病患者には薄毛の人が多いといいます。それは、糖質によって腸内環境が悪化しているから・・!腸が喜ぶ食材を食事に取り入れて、毛髪をよみがえらせましょう。

更新日: 2016年10月12日

230 お気に入り 54295 view
お気に入り追加

薄毛の原因に、腸内環境の悪化があるって知ってた?

頭皮がべたつき、フケやかゆみが出ている状態だと、頭皮環境は悪い状態と言えます。このような悪い状態が続くと髪はきちんと育たなくなり、抜け毛が増える原因になります。

頭皮環境が悪くなる原因には、腸内環境の悪化が一つの要因と考えられています。悪玉菌が増え、腸内環境が悪くなると、育毛に必要なビタミンやミネラルなどの栄養素がきちんと体内に吸収されなくなってしまいます。

糖質制限による嬉しい副作用

糖質を摂り過ぎると、悪玉菌のエサとなって腸内環境が悪化します。

糖質を制限することで血管に負担をかけないようにすることができる、すると血行が良くなり代謝もアップする。

血液が滞ることなく流れれば髪にも栄養が行き届きますから、そのおかげでハリやツヤもよくなり、毛髪の状態が非常に良くなるのです。

腸内細菌が活性化すれば、強力な抗酸化力となる

最近の研究によって、腸内細菌には活性酸素を消す強力な抗酸化力を持っていることがわかってきました。腸内細菌の働きを活性化させて抗酸化力を高めれば、髪の大敵である活性酸素を消去することができます

腸が喜ぶ食事を摂ることが大切です。

腸が喜ぶ食事とは、食物繊維や発酵食品が豊富で、脂質の少ない昔ながらの和食がいいでしょう。

腸が喜ぶ食事をしてあげる事で、体を健康に保つ事ができます。腸を健康に保つ事で、薄毛の改善、育毛に繋がるのです。

善玉菌のエサとなる食材を◎

乳酸菌・ビフィズス菌といえば、まず真っ先に思い浮かぶのがヨーグルトなどの乳製品。

ただし乳酸菌やビフィズス菌は、人によって合う、合わないがあるため、自分に合った乳酸菌を探すことが大切。

同じ食材を2週間程度食べ続けて、効果が得られているかどうか確かめてみましょう。

【ヨーグルト以外でも!乳酸菌が豊富に含まれる食材】

1.味噌

味噌に含まれる乳酸菌は胃酸に強い植物性なので生きて腸まで届きます。

♢毎日の味噌汁にプラスして、乳酸菌をチャージ!

ご飯のおかずに、お弁当のおかずに、お酒のおつまみに!あっという間に出来ちゃいます!

2.塩麹

1 2





気になることをサクサクまとめていきます!



  • 話題の動画をまとめよう