1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

トム・クルーズ来日決定でまたまた『神対応』連発の予感

大の親日家として知られるハリウッドスターのトム・クルーズが11月に来日決定!新作映画「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」をひっさげ、映画のプロモーションとしては通算22回目の来日だという。これまでも日本滞在中に数々の「神対応」で伝説を作って来たトム、今回も期待してしまいます。

更新日: 2016年10月11日

futoshi111さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
27 お気に入り 40012 view
お気に入り追加

◆俳優トム・クルーズ、通算22回目の来日が決定!

俳優トム・クルーズが、11月公開の主演映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』をひっさげ、監督を務めるエドワード・ズウィックとともに来日する

元米軍エリート秘密捜査官にして今は街から街へと放浪を続ける一匹狼、ジャック・リーチャーをトム・クルーズが熱演し、世界興収2億1800万ドルのヒットを記録、日本でも大ヒットした『アウトロー』の続編

不実の罪で捕まったリーチャーが、スパイ容疑で捕まった元同僚の女性少佐を救い出すとともに、軍内部の不審な動きに迫っていく様を描く

トムが来日するのは、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(15)以来、1年3カ月ぶり22回目。エドワード監督は、『ブラッド・ダイヤモンド』以来9年ぶり

「ラスト サムライ」に続くタッグを組んだ2人は、11月上旬に会見およびプレミアイベントに出席する予定

来日の度に前人未到のプロモーションを展開してきたトムだけに、毎回神対応で評判のファンサービスだけでなく、トップスターならではの大仕掛けにも期待したい

◆そんなトム、2015年8月の来日時には神対応を連発

羽田空港の到着ロビーには、「Welcom to Japan」と書かれたお手製のボードを持ったファンやお手製のトム写真入りうちわを持ったファンなど役700人ものファンたちと、多くの報道陣が詰めかけた

あふれんばかりの歓声で迎えられたクルーズは少女に駆け寄ってサインに応じ、熱心な女性ファンにハグでこたえるなど、約1時間にわたり熱心にファンサービス

関係者によると「今日は1時間はファンサービスをしたいな」と意気込みを語っていたそう

ファンサービス旺盛で知られるトムは午後4時半、どの来場ゲストよりも早く現れる

気温30度以上の炎天下となったこの日、朝早くから待ち望んでいたファン1,000人は、こぞってトムや監督にサインや写真撮影をリクエストすると、トムは笑顔で一人一人に丁寧に応じ、たっぷり約2時間を超えるファンサービス

離陸しようとする飛行機に外から飛び乗るというド派手なアクションをスタントなしで披露しているが「観客を楽しませることがまず第一に頭にある」と明かし、その撮影の過程について10分ほど熱弁!

4歳のときからの夢が、映画を作り、世界中を旅すること。その夢が叶ったことに常に感謝しています

1 2 3





futoshi111さん

「何度でも見てもらえるようなまとめ」をつくっていきたいと思います!