1. まとめトップ
  2. カラダ

もしかして、カフェイン中毒になってない?脱コーヒーの4つのメリット!

なんとなく、習慣で飲んでいるコーヒー。しだいに、「コーヒーが手放せない」といった状況になっていきます。それは、コーヒーに含まれるカフェインには中毒性があるから。一日の適量を知って上手にカフェインと付き合っていきましょう。思い切ってカフェインを絶ってみるのもいいかも!

更新日: 2016年10月12日

81 お気に入り 54665 view
お気に入り追加

コーヒーを飲むと、なんだかスッキリする・・!

カフェインのメリットは集中力を高められる事と目を覚ませる事です。それは、カフェインに覚醒作用がある為で、その作用が眠気を飛ばしたり,脳の働きを活発にしたりしています。

カフェインには「ドーパミン」を増加させる効果があります。ドーパミンは「やる気」「快感」を出す物質です。

ドーパミンが脳の働きを活性化するので、「快楽効果」が疲労を解消し「やる気効果」が集中力もアップさせるわけですね。

知らない間に「カフェイン依存症」になってない?

身体がカフェインに慣れてしまうと、次第に同じ量を摂取しても効き目が薄れてくるのです。そのため、最初は1杯のコーヒーだったのが2杯、3杯と増えたりします

単調な作業続けてるとタバコとコーヒーの消費量が増える

今は酒よりもコーヒー依存が激しい!! ここ数日、寝起きからずっと茶色いの飲んでる…あかんわ。

コーヒー3杯くらいでやっと正常に動けるくらいには依存してる

ひょっとしたら、その症状「カフェイン中毒」かも

コーヒーを飲まないと、イライラしたり不安になったりしませんか・・?

カフェインの摂取をやめてから24時間以内に、「精神的にモヤモヤする」「注意力が欠ける」といった初期段階の禁断症状が始まります。

時間の経過とともに、集中力を妨げるズキズキとするような頭痛が始まり、最終的には筋肉痛や吐き気、風邪のような症状を感じることもあります。

カフェイン中毒の症状は人それぞれで、様々な症状が表れます。

1日にコーヒー3杯以上飲んでる人は要注意!

1杯の粉インスタントコーヒーは大体60mgのカフェインが入っていると言われております。そして1日の目安としては250mgを超えるとカフェイン中毒になる可能性が高くなると言われております。

インスタントコーヒー3杯までならOK!

●体重によって上限が変わります

体重40kgの成人ですと260mg
体重50kgの成人ですと325mg
体重60kgの成人ですと390mg
体重70kgの成人ですと455mg

この数値を越すと急性カフェイン中毒の可能性が高まります。

【そのコーヒー、カフェインレスにしてみませんか?】

カフェイン入りのコーヒーをカフェインレスにするだけで、カフェイン中毒になるリスクを防げます。

●カフェインレスのコーヒーでも受けられるメリット

カフェイン以外の成分で自律神経を高めるこということから、高血圧、低血圧への効果はカフェインレスコーヒーでも得られることができます。

カフェインレスコーヒーは、脂肪の代謝を高めることも研究の結果から認められたそうです。カフェインの効果としてあげていた脂肪燃焼作用もカフェインレスコーヒーで得ることができます。

【麦茶を濃い目に煎れるとコーヒーのような風味に】

麦茶はカフェインが入っていないので、濃く入れても問題ありません。

単純にパッケージに書いてある量の2倍の麦茶パックを使って入れるだけです。かなり味が変わります。

1 2





気になることをサクサクまとめていきます!



  • 話題の動画をまとめよう