1. まとめトップ
  2. カラダ

会話だけが聞き取れない…実は「隠れ難聴」かもしれないこと

難聴には、若者も気を付けないと。

更新日: 2016年10月06日

nogutiSunさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
200 お気に入り 63780 view
お気に入り追加

うるさい場所での会話が聞き取れない…

なぜか会話”だけ”が聞こえにくい。

「どうも自分は最近、うるさい場所での会話が他の人より聞き取れていないようです。耳の検査では全く異常ありません」

これは「隠れた難聴」である可能性がある

単なる聞きそびれと思うかもしれませんが、じつは、「ある状況のときだけ起こる」難聴の場合がある

聴力の健康診断では難聴、メニエール病、外耳道異物、中耳炎、内耳炎、耳下腺炎などを疑うことができます

しかし「隠れた難聴」である場合、通常の聴力検査の結果が「正常」と判断される患者は多い

なんで、会話だけ聞き取れなくなるかというと…

うるさい環境でも、集中して聞き取れる「有毛細胞」だけが壊れるから。

「内有毛細胞」は音を電気信号に変換する役割で、「外有毛細胞」は入ってきた音に反応して 感度を高める働きがある

外有毛細胞の役割は、パーティ会場のようにやかましい環境の中で会話をハッキリと聞き取るために重要

もし、外有毛細胞の働きが無くなると、音は聞こえるが話しの内容がハッキリ分からないという状況になる

この有毛細胞が壊れると、会話だけ聞き取りにくくなる難聴になると考えられてきた。

最近、「隠れ難聴」についてわかってきたこと

「隠れた難聴」は、有毛細胞と神経をつなぐ「シナプス」の損傷により引き起こされます

シナプスは、電気信号を化学物質の神経信号に変えるところ。

有毛細胞が「無傷」でも、その先につながる「聴神経のシナプス」が騒音によって破壊されると、有毛細胞との接続が断たれる

音をしっかりキャッチし、脳にデータを送れていない事によって理解しにくくなります

思った以上にデリケートだった耳の器官。

耳は、意識して守らないといけないもの

『ヘッドホン難聴』とは、ヘッドホンやイヤホンを長時間使い続けることによって起こる難聴のこと

【突発性難聴】
片方の耳が急に聞こえなくなる突発性難聴は、原因も確実な治療法も分かっていない難病

【感音性難聴】
場合によっては、音量は普通に聞こえているのに言葉の内容がさっぱり判らないという症状もある

1





nogutiSunさん

野口です。細々とまとめていきます。

このまとめに参加する