1. まとめトップ

書くだけで健康になる!?「3行日記」の効果とは?

毎日3行日記をつけるだけで、自律神経を整えることのできる「3行日記」の効果についてまとめています。

更新日: 2016年10月10日

81 お気に入り 34689 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hasmi_13さん

最近「体の不調がなかなか治らない」「小さなことですぐイライラする」こと、ありませんか?

もしかしたらそれは、自律神経の乱れからくる症状かもしれません。

そもそも自律神経とは?

交感神経と副交感神経という2つの神経があり、綱引きのように両サイドから影響しあい、臓器の動きを調整しています。

自律神経のバランスが崩れると…?

1.肌トラブルに悩まされる

特に訴える人が多いのが、皮膚がかゆくなるといった症状。人によっては湿疹が出るといった症状がでる人もいます。

2.情緒不安定になってしまう

イライラしたり、強い不安感にさいなまれたり、抑うつ状態になってしまうのも、自律神経の乱れが影響しているそう。

3.便秘や下痢に悩まされる

自律神経が乱れてしまうことで、上記のような症状が起ります。

そんな乱れた自律神経を「日記を3行」書くだけで、整えることができるという驚きの方法があります。

それが「3行日記」。

自律神経を整える!?「3行日記」とは?

日記を書くのは簡単なようで難しいですが、この3行日記には誰にでもわかりやすいルールが存在していることが特徴です。

そのルールとは、「1行×3テーマ」として3つの内容の日記を、1日1日機械的につけていくこと。

3テーマについて日記を書いていくようです。
3つの内容だけならば、書きやすいし続けやすいですね。

日記には、どんなテーマで書けばよいのでしょうか。

「3行日記」に書く3テーマとは?

1.その日の失敗や嫌だと感じたこと

「仕事でミスをしてしまった」「誰かに嫌な言葉を言われた、または言ってしまった」「頭痛が酷かった」等、その日に起こった自分にとってネガティブな出来事を書きましょう。

失敗と言っても、これと言って思い付くような失敗をしていなければ、嫌だと感じたことやストレスになったことなどでも構いません。

2.その日の成功や良かったこと、感動したこと

1 2 3