1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

チャンネル登録登録よろしくお願いします!!ツイッター FACEBOOK 拡散ありがとうございます!感謝!!

<TWITTER FACEBOOK 緊急拡散おねがいします!>

アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁

アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁(英語:Federal Emergency Management Agency、略称:FEMA(フィーマ))は、大災害に対応するアメリカ合衆国政府の政府機関である。天災にも人災にも対応する。アメリカ合衆国国土安全保障省の一部であり、緊急準備・即応担当次官 (Under Secretary of Emergency Preparedness and Response) の下に置かれている。
FEMAは、洪水、ハリケーン、地震および原子力災害を含む、その他の災害に際して、連邦機関、州政府、その他の地元機関の業務を調整することを請け負っている。また、家屋や工場の再建や企業活動・行政活動の復旧にあたって、資金面からの支援を行う。
各州や連邦政府直轄地等(ワシントンD.C.)には緊急事態管理局という下部組織が存在する。

簡単にいうとこんなことだと思う

お国に逆らうと
思想犯という名目で捕まえられる

逮捕おおお!!!

そして車にのせられ、わけのわかんない場所に
さらに飛行機で連れていかれる!

ようこそ!FEMAキャンプだお!

なんや!この棺桶は!!

おおおなんだこの数!!!

こっちにもあるぞおお!!

上からみたらこんなあるぞおお

なんでこんなに必要やねん!!
もう既に、数百万以上の棺桶が用意されているそうです。

日本もFEMAをつくる!!あなたの家族が、、

FEMAとは、大災害のときに国民が暴動を起こしたり、政治・思想的に政府にさからった(デモ抗議運動などで)人々を、裁判所の許可なく逮捕できる権限を持っている、ゲシュタポ、あるいは戦前の特高のような組織のことだと想像すればいい。
もっとも、そんな体験を持っている人は生きていない。

災害を防いだり、復興する、という名目で議会を通過させ、いったん創設されたら、自衛隊や警察より強力な権限を持つのだ。
自民党は、これについても「そんなことはない」と言うだろう。
しかし、本家本元のFEMAが、そうなのだから日本版も同じことになる。

FEMAや戒厳令を描いた映画の監督が 「一家心中」

問題作の反体制映画「グレイ・ステイト(Gray State)」の作者・監督が死体で発見される

この作品では、残虐な警察国家や戒厳令による弾圧、バイオメトリック(生体)認証、完全監視国家、そしてFEMAの突撃隊が反体制活動家らを一斉検挙しキャンプに収容する様子が描かれていたのである。

日本も着々と強制収容所をつくっている

1 2

関連まとめ