1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

恨み晴らします…閲覧注意な復讐代行業を題材にした漫画達

シマウマ、善悪の屑&外道の歌、デンドロバテス、恨み屋本舗、フリージア、断罪のユディト、闇狩人&新闇狩人、ブラック・エンジェルズ

更新日: 2016年10月07日

440 お気に入り 183243 view
お気に入り追加

シマウマ

2010年より「ヤングキング」にて連載中の、小幡文生による “絶対に読んではいけない”といわれる人気漫画「シマウマ」

美人局つつもたせで仲間達と一緒に金稼ぎをしていた倉神竜夫は、ある日ヤクザを引っ掛けてしまったことから、転がるように闇へと堕ちていき、“回収屋”の“ドラ”として、禁断の世界へ足を踏み入れることになるが・・・。

回収屋とは依頼主が受けた屈辱を、あらゆる手段を使って依頼主に代わり復讐する稼業のこと

ターゲットに対して殺人こそおこなわないものの、死ぬよりも辛い思い。その過激な描写や、現代社会の闇をえぐり出す物語は、思わず目を背けたくなってしまうハードさ

シマウマおもろいなぁ〜〜 車屋やめて回収屋になろうかなぁ〜〜 あなたの心、回収させていただきます〜〜 おれもドラって名前にしたいけどだれかいたよ〜〜な〜〜 pic.twitter.com/lUux5IPvi4

善悪の屑&外道の歌

「善悪の屑」は古書店を営むかたわら、依頼人の無念を晴らすため復讐の代行を承る鴨ノ目と、相棒のトラを描いた物語。

法律に守られた加害者への復讐を依頼受け代行していく。加害者の酷さに匹敵するような復讐方法がその善悪を問う形で読者へと訴えかける。

復讐代行人の一人「カモ」の過去が遂に明らかに!?残酷でも読み終えた後にスッキリする本当の「正義」の意味を問う問題作!

「外道の歌」やーっと入手!遠出した先で残り一冊ゲット→3日後くらいに地元に再入荷で脱力したけど。 鴨さんが悲壮カッコイイので万事解決。 pic.twitter.com/0VBUPK2t7a

恨み屋本舗

依頼人の無念を晴らすために復讐を代行する“怨み屋”が主人公。怨みを持つ者に差し出す名刺に書かれている“あなたの怨み晴らします ○社会的抹殺○人殺し○実質的殺害(価格応談)”という文言

謎の女「怨み屋」があなたに代わって制裁を下します。殺伐とした現代社会の暗部を抉る問題作!!

直接的暴力はなるべく使わず、頭脳によって抹殺を行うことをモットーとする。

その冷酷さは味方ならば心強いけれど、万が一敵にまわしてしまったらどうなることか……。

闇狩人&新闇狩人

裁かれぬ悪を始末する、復讐の代理人・闇狩人(やみかりうど)。彼らの存在が都市伝説となった現代、闇狩人として悪を屠る一人の少女がいた……。

1 2





色々まとめています。まとめた本人が反応してくれると凄い嬉しいですね。お気に入りに入れてもらえると嬉しいです。
ツイッター等で問題がある場合は削除させていただきますのでご連絡ください。

このまとめに参加する