1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

紅茶成分でノロウイルスを防ぐ…植物由来で人に優しい消毒剤に期待

例年10月頃から増え始めるノロウイルスによる感染例…ネットからも症状的には相当つらいらしい!予防策の消毒に関して新しい発見が注目を集めるています。

更新日: 2016年10月07日

64 お気に入り 33359 view
お気に入り追加

全国でノロウイルス感染の兆しが…

智頭町立智頭小で児童53人が下痢や嘔吐などの症状を訴え、一部の児童からノロウイルスが検出されたと発表した。

伊那市狐島の飲食店「白ひげ」でノロウイルスによる集団食中毒が発生し、伊那保健所は4日から6日まで3日間の営業停止

ノロウイルス流行の季節も近づいて参りました。ぼちぼち発症者も近くで出るかも、用心です。去年患って10日程苦しかったです。 ( ゚Д゚)体力ごっそり削られた

そもそも「ノロウイルス」とは?

激しい嘔吐と下痢などの胃腸症状を起こす病気です。感染力が強く、経口感染、糞口感染などで感染します。

感染すると、1~2日で発症。吐き気、おう吐、下痢、腹痛などを引き起こし、発熱することはあっても、高熱になることはあまりありません。

通常、対症療法が行われます。特に、体力の弱い乳幼児、高齢者は、脱水症状を起こしたり、体力を消耗したりしないように、水分と栄養の補給を充分に行いましょう。

特に感染した子どもの世話や看病をした人が吐しゃ物などを介して二次感染するケースも多く、適切に処理して消毒を行わないと感染を広めてしまう危険性が

現在のノロウイルスに対する有効な消毒は…

次亜塩素酸ナトリウムや加熱が有効な消毒方法とされるが、金属が腐食したり、手指に使用できなかったりするといった問題点が

塩素系の漂白剤などに使用されていますが(ハイターなど)、どうしても、あの独特なにおいや強い薬のイメージがあります。

そんな中で、紅茶成分でノロウイルスを消毒する可能が発表された。

紅茶に含まれるポリフェノールの一種「テアフラビン類」に、ノロウイルスを消毒する作用があることを世界で初めて発見したと発表

既に消毒剤が商品化されているタンニンの十倍の消毒作用があることも判明。

他にもインフルエンザウイルスの感染も抑えることができる殺菌に優れた成分

防ぐ作用を発見した実験内容は…

マウスとネコ、ブタの細胞に、人のノロウイルスに近いウイルスとテアフラビン類を混ぜた液を与える実験を行い

ウイルスが細胞に入り込むのを防ぐ作用を発見した。実験に使った3種のウイルスの感染力を約1000分の1に低減できたという。

この紅茶成分でノロ消毒はネットからも反響が

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう