1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

bokunoiroさん

特定のウェブサイトを開こうとして・・・

こんな画面が出て困ったことはありませんか?

べ、別に変なサイトを覗こうとしているわけじゃないんですけどっ!!

解決方法を検索することもできない状況も・・・

特定のウェブサイトだけの場合はまだいいですが、wi-fiのフリースポットしか接続できる環境がない場合(海外等)はお手上げですよね。
情報の少ない海外でインターネットに繋がらないなんて・・・悪夢です。

このエラーに困惑する人続出

解決策をぐぐる→「この接続ではプライバシーが保護されません」
セキュリティソフト切ろうとする→ブラウザが開く→「この接続ではプライバシーが保護されません」
クソカヨ

出典霞さんのツイート

Google Chromeを使っていると頻発するエラーなんです、これ

wi-fiスポットでフリーwi-fiに接続しようとブラウザを開いた途端起こるこのエラー、実は簡単に対処できるんです。
接続できない環境に置かれる前に覚えておきましょう。

この接続では・・・の対処法はこれだ!!

まず一つ目。
お店や街中のフリーwi-fiに接続しようとして起こった場合。
この場合は冷静にchromeを閉じて、元からスマホやPCに入っていた初期ブラウザを起動しましょう。
するとwi-fiスポットへの扉があっけなく表示されます。

もう一つがネット環境は正常に機能しているのに特定のウェブサイトが開けない場合。
こちらには下記の対処法が有効です。
ふふふ。秘密のコマンドがあるんですって!!

ページが表示されている状態で danger と6文字打ち込むと勝手に Accept and Reload してくれるという隠し技がある。これが出てもマウスやトラックパッドに手を伸ばさずに、変なところをクリックせずにページが読み込める。

追記:2016年2月のChromiumの更新で danger から badidea に変更になったらしい。danger で動かなくなった人はお試しあれ。

どうやら変更になることもあるらしい。 今はbadideaの模様。
覚えておきましょう。

ですがこのコマンドがPCをウイルス等から守ってくれることもあるので、自己責任で。
危ないサイトには接続しない、は鉄則ですよ。

ですが毎回そのサイトを見るたび表示されるなんて!という場合は・・・

1