1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ついに「L」まで…!「デスノート」の新作映画に懐かしの顔が揃ってきた

これはアツい…!あとは、藤原竜也さんが出れば完璧ですね。

更新日: 2016年10月07日

66 お気に入り 163473 view
お気に入り追加

□公開が間近に迫ってきた映画「デスノート Light up the NEW world」

10月29日より全国公開予定。

人気コミックを実写化して大ヒットした映画『デスノート』(2006年)の10年後を描く続編『デスノート Light up the NEW world』。

本作では、キラこと夜神月と世界的探偵・Lの死から10年後の世界を舞台に、6冊のデスノートを巡る争奪戦の模様が描かれる。

本作は、2006年公開の映画、「デスノート the Last name」の続編となっている。

そういえば『DEATH NOTE』の映画新作のCMで10年前〜って言ってたけど、前作映画がリアル10年前だったのね

今作は前作から10年後を描いている。

□そんな今作に、なんと「松山ケンイチ」の出演が決定。

10月29日公開予定の映画「デスノート Light up the NEW world」で、俳優の松山ケンイチさんが約8年ぶりに「L」を演じることが発表されました。

松山さんは、2006年に公開された映画「DEATH NOTE」で世界的名探偵Lを怪演し、2008年のスピンオフ作品「L change the WorLd」では主演も務めました。

「L」は、このシリーズでも屈指の人気キャラクター。2006年版の劇中で亡くなっているため、今作での登場は無いと思われていた。

「L」は、天才的な推理力で、世界中の迷宮入りしていた数々の難事件を解決してきた名探偵という、今シリーズの主軸を担ってきたキャラクター。

白い肌に見開かれた目、ボサボサの黒髪、異常なほどの猫背という特徴的な外見に加え、大好きな甘いものを指でつまんで食べる姿がファンから人気を集めた。

今回「L」は、後継者の竜崎に、「デスノートの使用」への思いを語るシーンで登場。出演時間は3分程度とのこと。

今作では、Lの遺伝子から生まれた正統な後継者の天才探偵・竜崎(池松壮亮)に、前作のラストでキラを倒すために講じた手段である“デスノートの使用”への思いを語る。

□松山は出演について「とても嬉しく思っています」とコメント。

松山は、「久しぶりにLを演じる事ができてとても嬉しく思っています」と喜びのコメント。

続けて、「なれたのは3分だけでしたが。でもそれ以上なれない位自分にとって心身ともに遠い存在になっていました。このように自分の中のLを探す旅みたいな事が出来たのもこの作品のおかげだと思って感謝しています。」とコメント。

松山の出演を切望していたという「佐藤貴博」プロデューサー。

佐藤貴博プロデューサーは「10年ぶりのデスノートに何とかして松Lにも参加して欲しかった。松ケンには『L change the WorLd』のラスト直前の気持ちで演じてくれと伝えました。」とコメント。

「ファンサービスの気持ちで松山に出演をお願いしたのですが、さすがそれ以上のものを出してくれました!」と大満足の様子で語っている。

□「松山ケンイチさん出演」のニュースはネットでも話題に。

松山の登場を待望していたファンは大熱狂。「松ケン出るなら観る」と松山の出演により、さらに映画が観たくなったとの声も多く上がっている。

デスノートに松山ケンイチが出るとかますます見たい

松山ケンイチのL好きすぎるでしょ。ほんと最高だったんですけど、また見れるとかまじかよ

□前作から続投の出演者が増えてきて、ファンにはたまらない映画になってきた。

1 2





ギャロップきゃんたーさん



  • 話題の動画をまとめよう