1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

お邪魔しまんにゃわ…吉本新喜劇「井上竜夫さん」の死去に悲しみの声

吉本新喜劇で「竜爺(じい)」の愛称で親しまれた井上竜夫さんが亡くなられました。個人的には「お邪魔しまんにゃわ」よりも、間が空いて「寝なー!!」とどつかれる井上竜夫さんが好きでした。ご冥福をお祈りいたします。

更新日: 2016年10月07日

42 お気に入り 130057 view
お気に入り追加

・吉本新喜劇の「竜爺(じい)」こと井上竜夫さん死去

葬儀・告別式は、家族の強い意向で密葬として7日に終えられ、この日、所属の吉本興業が発表した。

・悲しみが広がった…。

吉本新喜劇の井上竜夫さんが5日に亡くなられていたそうです。竜じいのご冥福をお祈りします。

たつじい…あなたがアバターのカッコして出てきた時の衝撃は忘れません。

井上竜夫さん。一度だけ同じ舞台に立たせてもらったことがある。新喜劇で見るのとほとんど変わらん感じの人でした。 ご冥福をお祈りします。

・井上竜夫さん略歴

1971年には同じ新喜劇団員の谷しげると漫才コンビ「ざ・どっきんぐ」を組んだこともあった

1989年の劇団員リストラ「新喜劇やめよッカナ?キャンペーン」を乗り越え、再び新喜劇団員に所属。

14年9月25日、なんばグランド花月に出演中に体調不良を訴え、休養。

自宅療養を経て、仕事復帰を果たしたが、その後も体調を考慮して舞台出演を見合わせていた。

昨年12月のイベント「吉本新喜劇祭り! 2015」に出演し、約1年ぶりにファンの前に姿をみせた。

・亡くなられる前まで元気だった

若いころ結核を患い、呼吸器系に持病があることから、以降は体調回復に努めることを優先して、舞台出演を見合わせてきた。

吉本興業関係者も「肺が悪いようです。通院しながらの自宅療養で回復を待つ」と話し、また別の関係者は「ここ1週間ほど、体がしんどいとこぼしていた」と病状を物語った。

親族によると、亡くなる前日には、病室で家族全員がテレビを見ながら談笑。

・愛された竜じいのギャグ

1 2





ユーロの行方さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう