1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

故郷じゃないのに?有名人の「観光大使」がなんか変w

PRの為に色々な大使や理事なっている有名人ですが、中には変わった役職を持っている人もいるようです。

更新日: 2016年10月07日

shiroarisaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 14708 view
お気に入り追加

テレビの企画で大使になった「石原良純」

「なると」に詳しく好きだったので、中井正広のブラックバラエティにて任命

全国の練り物業界からオファーが殺到し、他にも様々な練り物大使に

「好き」と言ったら大使になれた

埼玉・春日部出身ながら歴史、特に幕末好きの大木は高知県観光特使のほか、「ジョン万次郎資料館」の名誉館長を務めている

就任の理由について「一人でも多くの方に郷土のジョン万次郎を知ってもらいたい、ただそれだけを思いお願いしました」

“嫁探し”発言について確認されると「はい、ぜひ島の人で見つけたいです」とコメントした

「野球選手」はゲームやお菓子の大使に

田中将大選手みずからが命名したオリジナル変化球“エアロスプリット”を持つマー君イベキャラがプレゼントされた

ロングセラーのお菓子商品「ビックリマンチョコ」をもっと世の中に広めるため、2年前にビックリマン終身名誉PR大使に就任

今でも、家に数え切れないほどたくさんのシールを保管している

「ビックリマンデー」では、里崎がビックリマンにキャラクター化されたオリジナルシールが配布され、話題となった

1 2





shiroarisaさん

いまからまとめちゃうぞ~

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう