1. まとめトップ

【サッカー情報】日本A代表、各世代代表、海外組は? なでしこは?

日本代表を中心に、サッカー情報提供します。

更新日: 2018年12月13日

2 お気に入り 11371 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

皆様が読みたいような記事を一つ一つ厳選してアップしています。法律を守るよう配慮もしています。

Jiro36さん

アジアカップメンバー23人発表。その顔ぶれから見える森保監督の狙いとは?

◆順当なメンバー選考。想定外はケガ人のみ
日本サッカー協会(JFA)は12日、来年1月にUAEで開催されるAFCアジアカップ2019に臨む日本代表メンバー23人を発表した。

いわゆるサプライズのない、順当なメンバー選考となった。実直な森保一監督らしい、誠実な選考となったとも言えるだろう。森保体制発足から主力をなしてきたコアメンバーが、そのままUAEの地へと向かうこととなった。

「現状のなかでベストな選手を選びました」

森保監督の選考理由は、これまでと同様にいたってシンプルだ。所属クラブでのパフォーマンスと、過去5試合の代表戦でのパフォーマンスをトータルに考え、2大会ぶりのアジアカップ優勝を成し遂げるための最適解を、そのリストに記したのだ。

想定外があったとすれば、ケガ人の存在だろう。立ち上げ時から招集されてきた三竿健斗(鹿島アントラーズ)をはじめ、11月のキルギス戦で結果を出した山中亮輔(横浜F・マリノス)、あるいは11月シリーズに招集しながら怪我で辞退した鈴木優磨(鹿島)ら、今季のJリーグで成長を遂げた若きタレントたちにも、チャンスを与えたい思いもあったはずだ。しかし、いずれも怪我を抱えており、招集することはできなかった。

◆唯一とも言えるサプライズは浅野
一方で11月シリーズにはケガで呼べなかった長友佑都(ガラタサライ/トルコ)と青山敏弘(サンフレッチェ広島)のベテランコンビが復帰。さらに、広島時代の教え子である浅野拓磨(ハノーファー/ドイツ)も9月以来となる代表復帰を果たしている。

今回のメンバーの中でサプライズと呼べるものがあったとすれば、この浅野の招集だろう。10月シリーズをケガで辞退したスピードスターは、所属クラブでの出番にも恵まれず、11月の代表戦には招集されなかった。しかし、森保監督自ら赴いた欧州視察で状態を確認すると、ここへきて出場機会を手にしたこともあり、招集に踏み切った。

「相手のディフェンスを突破するスピードは、今の代表に必要なだと思いました」

招集理由をそう語る森保監督が想定するのは、ジョーカーとしての役割だろう。現在の日本代表の攻撃軸を担うのは、大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)、中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)、南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)、堂安律(フローニンゲン/オランダ)のカルテットであることに、もはや議論の余地はないだろう。しかしおよそ3週間で最大7試合を戦うアジアカップでは、総力戦が求められるのはもちろん、すでに十分なインパクトを放っている彼らに対する警戒も強まるに違いない。

一方で、これまでの親善試合ではこのカルテットと、サブメンバーとの実力差が指摘される状況にある。彼らの攻撃が手詰まりとなったとき、あるいは不測の事態が起きたとき、そのスピードで敵を置き去りにできる浅野の存在がクローズアップされる。

広島時代の好印象もあるだろう。戦況を打開できる切り札の存在は、短期決戦では欠かせないピースとなる。2011年の李忠成がそうだったように、森保監督の懐刀はアジア最強を決めるこの大会で、重要な役割を担うかもしれない。

◆4年後を見据えた「成長と結果」の両立
日本中に熱狂をもたらしたロシア・ワールドカップから、半年。当時のメンバーで今回招集されたのは、吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)をはじめ、わずかに9人。

一方で東京五輪世代の堂安、冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)を含め、25歳以下の選手たちは11人を数える。いずれも世代別代表の経験があるエリートながら、A代表として国際大会を戦うのは、ワールドカップメンバーだった遠藤航(シント=トロイデン/ベルギー)を除き、初めての経験となる(その遠藤もロシアのピッチには立てなかった)。

森保監督は、このアジアカップを「成長と結果をつかみ取りたい」大会として位置付けている。

「経験の浅い選手たちがこのアジアカップを戦うということは、今後の日本代表にとって自信になる。今回招集できなかった選手たちも、今回良い戦いをすることで刺激を受けてくれれば、日本サッカー界の刺激にもなると思う」

代表チームを4年の周期で考えれば、立ち上げからわずか半年で臨む今回のアジアカップは、チームの土台作りの時期に重なる。完成形を求めるのではなく、あくまで4年後を見据えたチーム作りが必要とされるだろう。

例えば2011年。アルベルト・ザッケローニ監督率いる日本代表は、早い段階でチーム作りが進み、アジアカップカタール大会では見事に優勝を果たした。しかし、史上最強とうたわれたチームはその後、メンバーの固定化が進み、新陳代謝が失われ、2014年のワールドカップ本大会では、ひとつの勝利も上げられないまま、ブラジルの地を去ることとなった。

森保監督が言うように、今回のチームが結果を出し、成長を遂げ、日本サッカー界全体に刺激を与える。そうやって新陳代謝を生み出すことは、4年後を見据えれば、有益なものとなるはずだ。

「成長と結果」の両立は、同義でもあり、相反するテーマにも見える。しかし、4年後のカタールを視野に入れながら、森保監督率いる日本代表は、UAEでその難解なミッションに挑む。

原山裕平

1 2018/12/12(水)
毎回のことだが監督が代わってからアジアカップまで時間が短すぎるのでチームを作るのも大変だ。その中でこれだけW杯メンバーが外れているのはある意味画期的だとは思う。


3 2018/12/12(水)
中島、南野、堂安あたりは代表戦での伸びしろがまだまだあるし楽しみやね。
とりあえず韓国には確実に勝ってアジアでは絶対王者ぐらいの強さで優勝してほしいね


4 2018/12/12(水)
大迫以外にポストプレーできるFWが欲しい。
2年前の岡崎みたいな
欲を言えば、そんなプレーができる可能性を持った若手を1人選出して欲しかった。
今すぐは無理かもしれんが、守備は色々テストしてくれてるので、可能性のあるFWを1人お願いします。


6 2018/12/12(水)
優勝という勝負にこだわりながら4年後を見据えたチーム作りをするなら、もう一段先のメンバー選考でも良かったように思う。
あくまでベテラン勢は今後の4年間の成長につながるような核になる選手でないと意味がない。
ケガ人も多いなか、難しい選考だったんだろう。
少し勿体ない気もする…。
試せる場もあるはずだったので、もっと見てみたい選手を呼んでも良かった。


7 2018/12/12(水)
ファーストチョイスの4人が常時出場出来れば結構良い線行けるかと思えるメンバー。問題は大迫が怪我したり累積警告で出場出来ない時にどんな組み合わせにするのか?
予選は心配してないが、特に1発勝負の決勝トーナメントに入ってからのアクシデントにどう対処するか?ポイチさんの腕の見せ所だね。

8 2018/12/12(水)
森保ジャパンの最大の売りは得点能力がある、前線の大迫、中島、南野、堂安の質が高いパフォーマンスと躍動感溢れるプレーだろう。
ボランチの1枚を柴崎にするのか青山をチョイスするのかぐらいで、あとは冨安も含め鉄板だろう。
だがアジアカップは1ヶ月間ぐらいの長丁場に成るから、サブメンバーも重要に成って来るだろう。


10 2018/12/12(水)
個人的には、怪我明けでコンディションが不明な青山と所属チームでポジションがなく最近招集されてない浅野と代表戦でのパフォーマンスが低調な佐々木のサンフレ枠は要らないと思う。


11 2018/12/12(水)
浅野はリオ五輪予選の時だったりW杯決めたオーストラリア戦だったり大事なとこで取る印象あるから期待してる
鈴木が怪我でどうなるかとおもったが杉本が呼ばれなかったから良いよ


12 2018/12/12(水)
控えが物足りないのなら大きな大会の経験者がもう少しいても良いのではないかと思う。ここのコメントを見ても感じるが、大陸選手権を勝つという意志が日本ほど弱い国もあまりないんじゃないか。


14 2018/12/12(水)
バランスが良くって納得、成長と結果をつかみ取る意欲にも。
可変というより、複数フォメというのが正しいのかも。


15 2018/12/12(水)
LSBの長友の後任がいないのが一番の悩みどころやろうな。SBは海外に出ないと確実に成長はしない。現に長友、酒井は活躍した。そして、代表のポジションを確立させた。内田もそうだ。


16 2018/12/12(水)
十分な分析記事かも疑問だが、
成長と結果は、結果が出ないと成長もほとんど無いと思う。


18 2018/12/12(水)
イランが最強の敵であることは間違いない。彼らのスピードと高さに負けないでほしい。


19 2018/12/12(水)
新御三家との連携ならばずっとU23でやってきた浅野ならフィットするかもしれないね。
個人的にはアリ。


20 2018/12/12(水)
成長のためというエクスキューズが森保監督に残ってしまった。オリンピック、最終予選、本大会に向けては森保監督自身の査定もこちらはしたいのだが。
今のベストメンバーですと断言して欲しかった。


22 2018/12/12(水)
fwが少し弱い気ぐするけど、とにかく優勝目指して頑張って欲しい!


23 2018/12/12(水)
いかんせん大迫頼りな前線が気になる。
大迫が居るか居ないかで戦い方がかなり変わりそう。


24 2018/12/12(水)
香川と乾には南米選手権に出場して、若手を引っ張ってほしい


25 2018/12/12(水)
前線にU22から4名はAに割り込んで新陳代謝してもらわなきゃ世界は狙えないな。ザックの二の舞になりかねない!


27 2018/12/12(水)
森保ジャパンは得点能力があるって、
まだ何試合もしていないし、
ガチで強いところとはやっていないのに簡単に言うなよ。
サッカーって1点取れれば、たいがいは引き分け以上で終わるんだよ。あとは守備を頑張ればカタール大会に行けるじゃん。
森保ジャパンが評価されるのも、課題が見えるのも、このアジアカップが終わってからだと思うよ。


28 2018/12/12(水)
浅野は、リーグ開幕前は、ゴール量産して今シーズンは、やるのかと思ったが、
結局、リーグ開幕したら、いつもの浅野ですね。
杉本健勇の次に浅野も期待はずれ。
でも、浅野は、ワールドカップを決めるオーストラリア戦で、ゴールして結果残してるから、またいい。


29 2018/12/12(水)
取り敢えずこのメンバーで結果出してから旧ワールドカップメンバーと競争になれば良いですね♪


31 2018/12/12(水)
先発と控えの差が格差が大きい…


32 2018/12/12(水)
鎌田が見たかったがしょうがない


33 2018/12/12(水)
長友がいると安心する。


35 2018/12/12(水)
槙野はオウンゴールちっくな事をやらかしそうだけど、全体としては良いかな。


36 2018/12/12(水)
来年は1月にアジア杯、6月にコパ、秋からはW杯予選も始まるんだっけ?代表スケジュール盛りだくさんやね。


38 2018/12/12(水)
杉本がいないことに安心したのは俺だけではないはず


39 2018/12/12(水)
浅野くんはスピードはあるけど、プレースピードが結局ないので、結局相殺されて決定的な仕事はできないとみた。


40 2018/12/12(水)
なぜ槙野を召集するのか。理解できない。

<フランス女子W杯>組み分け決定!日本はイングランド、スコットランド、アルゼンチンと激突!

2019年女子ワールドカップ・フランス大会の組み合わせ抽選会が日本時間8日、フランスの首都パリで行われ、1991年中国大会から8大会連続の出場となった日本はイングランド、スコットランド、アルゼンチンと同組となるグループDに入った。

 第2ポッドに入った高倉ジャパンはFIFAランク8位で、イングランドは同4位、スコットランドは同20位、アルゼンチンは同36位。初戦は6月10日で、南米予選3位で大陸間プレーオフを制して勝ち上がってきたアルゼンチンとなった。

 2019年女子W杯フランス大会の組み分けは以下の通り。

(グループA)
フランス
韓国
ノルウェー
ナイジェリア

(グループB)
ドイツ
中国
スペイン
南アフリカ

(グループC)
オーストラリア
イタリア
ブラジル
ジャマイカ

(グループD)
イングランド
スコットランド
アルゼンチン
日本

(グループE)
カナダ
カメルーン
ニュージーランド
オランダ

(グループF)
アメリカ
タイ
チリ
スウェーデン

(なでしこジャパングループリーグ日程)
19年6月10日(月) GL第1戦アルゼンチン
19年6月14日(金) GL第2戦スコットランド
19年6月19日(水) GL第3戦イングランド

7: 2018/12/09(日) 05:25:16.50
>>1
比較的楽なグループには入れたな
フランスはなんで開催国で死の組になってるんだよw


17: 2018/12/09(日) 06:48:46.06
>>7
男でこの対戦相手だったら死の組だけど
女だったら韓国やナイジェリアは全員控え組で戦ったってフランスが負けることはない


41: 2018/12/09(日) 10:47:03.82
>>7
三戦ぜんぶクリーンシートで終われる


28: 2018/12/09(日) 07:35:13.76
>>1
男子ならグループリーグ敗退待ったなしだな


29: 2018/12/09(日) 07:44:39.48
>>1
レギュレーションよく分からんけど、
6グループしかないからきっとこの大会も3位まで勝ち抜けできる可能性あるんだろうからGL突破はまあ大丈夫だろうな


47: 2018/12/09(日) 11:03:05.56
>>1
3位抜けもあるしトーナメント表が見たいが
昨晩は見つからなかった。
宮間元気そうで良かった。


73: 2018/12/09(日) 14:28:52.42
>>1
そういえば、男子もフランスワールドカップでアルゼンチンとやったんだよなw
あとはジャマイカとも


93: 2018/12/09(日) 17:49:05.24
>>1
開催国グループで監視され、ズルが出来ない韓国。


2: 2018/12/09(日) 05:10:59.69
なんだ、楽勝グループじゃん


5: 2018/12/09(日) 05:14:32.69
イングランド、スコットランドとか何やねん


6: 2018/12/09(日) 05:22:10.78
すげー組み合わせだと思ったら女子か
国名だけを見ればどこも強そう


8: 2018/12/09(日) 05:28:44.70
イングランドとは毎回試合してるよなw


9: 2018/12/09(日) 05:32:16.71
女子はどこが強いのか全くわからないわ
きっとまだアメリカは強いんだろうな


37: 2018/12/09(日) 08:50:23.67
>>9
日本 
アメリカ
イギリス
フランス
の4強が強い

10: 2018/12/09(日) 05:32:44.89
イングランド強いし負けてもおかしくない相手だけど
第一ポッドの相手だと悪くないな
アルヘンは普通にやれば勝てるだろう
問題はスットコ
欧州はレベルアップ凄いからな
実力わからんが侮れんわ


11: 2018/12/09(日) 05:42:31.79
開催国の割には厳しい組み合わせだな>フランス
1位突破しても、準々決勝で米国戦か
日本は2位突破でも準決勝まで行けるかも。R16敗退も十分ありうるが


12: 2018/12/09(日) 05:44:03.60
イングランドは苦手だよな。


13: 2018/12/09(日) 05:54:08.49
男子だとオワタになるのに女子だと超ヌルゲに見えるこの格差


15: 2018/12/09(日) 06:08:25.63
16/24には残れるでしょ


16: 2018/12/09(日) 06:37:23.21
イングランドはオリンピックで倒されたからリベンジに燃えてるだろうな


18: 2018/12/09(日) 06:52:43.94
(グループD)
イングランド
スコットランド
アルゼンチン
日本
女子はグループリーグで同地域が重なるのはOKなんだ


27: 2018/12/09(日) 07:30:54.52
>>18
男子も欧州は重なる


19: 2018/12/09(日) 06:53:03.01
本当に勝ちたいなら今すぐ高倉を解任しろ。
絶対にやらかすからな!


23: 2018/12/09(日) 07:09:44.82
男だと五大リーグの中で万年5位のリーグアンも女サッカーでは強いもんな
リヨンがWCL3連覇、それでPSGも強豪・・あとはドイツの車屋とか
今年のリヨンは男もマンCに勝利したり強そうだが


25: 2018/12/09(日) 07:17:07.73
なでしこリーグは世界中の女子のリーグの中ではレベルは低くないのに観客数はJ3クラス。
マーケティングが足りないのか
代表とリーグは別物、代表がどんなに強くても国内リーグには影響しない見本になってる。


31: 2018/12/09(日) 08:16:01.97
宇津木と長谷川かなポイントは


32: 2018/12/09(日) 08:25:23.95
宮間生きとったんか…


38: 2018/12/09(日) 10:18:43.01
なんとか良いところを引いたな
POT2の日本が入るグループは死の組になる可能性あった


40: 2018/12/09(日) 10:33:02.39
日本Pot1じゃなかったのか。まあPot2だろうとGL突破余裕とは思うが。
そういや欧州の五輪出場国って今回もこのW杯の成績で決めるの? 
イングランドが4強に残ってスコットランドGL敗退とかなったら
英国の東京五輪出場権とか選手の選考とかどうなるんだろ。


引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1544299791/

<川口能活>日本代表GKコーチ就任へ!今季限りで現役引退...引退即の仰天人事

季限りで現役引退したサッカー元日本代表GK川口能活(43)が、前代未聞の指導者転身を果たす。来年から、森保一監督(50)が兼任で率いるA代表とU-22代表のGKコーチに就任することが6日、分かった。96年アトランタ五輪で「マイアミの奇跡」を起こし、98年から4大会連続のW杯出場を誇る日本最高峰GKが、来年1月開幕のアジア杯UAE大会を皮切りに、20年東京五輪、22年W杯カタール大会を目指す。

   ◇   ◇   ◇

今月2日に現役ラストマッチを終えたばかりの川口が、引退、即、日本最高カテゴリーの代表コーチに転じる仰天人事が判明した。複数の関係者によると、引退発表を受けて日本協会の関塚技術委員長が極秘裏に接触。A代表とU-22(東京五輪)代表のGKコーチ就任を要請し、内諾を得たという。J3相模原で25年のプロ生活に幕を閉じた直後。現役時代同様、華麗に第2の人生も幕を開ける。

聞いたことがない。一般的にはクラブの下部組織、代表でも世代別など育成年代から指導を始めるところだが、コーチ歴なしでピラミッドの頂点A代表のスタッフ入り。日本人初の兼任指揮官になった森保監督でさえ、引退翌年は小学生の普及現場から。専門職のGKだからこそ実現したであろう、前例のない起用だ。

とはいえ、川口以上に影響力ある男はいない。日本代表GK歴代最多の国際Aマッチ出場116試合を誇り、アトランタ五輪ではブラジルを破る「マイアミの奇跡」の主役に。W杯は初出場の98年から4大会連続でメンバーに選ばれ、日本人GKとして初めて欧州に渡った先駆者にもなった。

一方で苦労も知る。右すね骨折、右アキレス腱(けん)断裂。全治半年以上の大けがから、よみがえってきた。10年W杯南アフリカ大会には基本的に出番がない第3GKで招集され、チーム主将として岡田監督と選手の橋渡し役に徹した。J2、J3も経験。あらゆる相談に対応できる経験を積み、代表では潤滑油になる役割が期待されそうだ。

先月の引退会見では「W杯ロシア大会を見て、日本は世界で戦えると感じた。違う形で貢献し、若い世代に還元したい」と引退理由を語っていた。いつか代表に-。そのタイミングは未来ではなく来年だった。抜てきには、世界的コーチへの英才教育の側面もある。

初仕事はアジア杯。04年中国大会では準々決勝ヨルダン戦でPK2本を止めて勝つなど奇跡の優勝に導いた。その説得力は計り知れない。森保ジャパンでは下田GKコーチと2人体制になり、A代表と五輪代表の活動が重なる場合は下田コーチがA、川口が五輪を分担する方針という。炎の守護神が、炎の日の丸コーチへ。東京五輪、W杯カタール大会へ。胸が高鳴る人事が発表の日を待っている。

◆川口能活(かわぐち・よしかつ)1975年(昭50)8月15日、静岡県富士市生まれ。富士市立天間小3年でサッカーを始め、同4年からGK。東海大一中2年で全日本ジュニアユース優勝。清水商(現清水桜が丘)では1年から正GKとなり、主将の3年時に高校選手権優勝。94年に横浜入り。01年からポーツマス(イングランド)などの海外クラブでプレーし、05年に磐田でJ復帰。J2岐阜、J3相模原と渡り歩き、今季限りで現役を引退した。日本代表で国際Aマッチ通算116試合出場は歴代3位タイで、GKでは最多。180センチ、78キロ。血液型A。

2: 2018/12/07(金) 06:11:41.97
これはいい採用だわ


3: 2018/12/07(金) 06:13:04.60
賛成。


4: 2018/12/07(金) 06:13:16.69
素人コーチを入閣させるなよ
指導者の勉強して経験積んでからだろ


5: 2018/12/07(金) 06:13:23.41
能活はアジア杯の英雄だからな


7: 2018/12/07(金) 06:14:05.63
代表コーチは代表で特別な指導するわけでもないだろうからな
選手の兄貴分的な立場でいいのかも
W杯やアジア杯の経験値も豊富だしいいかも


31: 2018/12/07(金) 06:28:57.67
>>7
精神的な支柱って意味ではね。
キーパーだけじゃなく他の選手たちにとっても一番近い存在としてで。
ただし副としてベテランコーチも一緒にいてほしい。


8: 2018/12/07(金) 06:14:08.12
コーチとしては新人だろ
相談役としては悪くないが


13: 2018/12/07(金) 06:19:46.28
まあ現役晩年は殆どコーチ兼任みたいなもんだったからな
試合にも出れるコーチ


91: 2018/12/07(金) 07:31:17.51
>>13
だよね
コーチに見えたもの


14: 2018/12/07(金) 06:20:07.70
下田GKコーチと2人体制で川口を英才教育する意味もあるのね


15: 2018/12/07(金) 06:20:54.37
やっとキター
遅すぎるくらいだ


16: 2018/12/07(金) 06:21:32.52
GKコーチって教えることあるんか?飛んできたボールを取って蹴り返すだけじゃん
ボールに食らいつけ!くらいしか言うことないだろ;


29: 2018/12/07(金) 06:28:14.27
>>16
キャッチングからポジショニングまで教えることばっかやぞ
フィールドプレーヤーしかやったことのないコーチがキーパー教えるのと
キーパーやってたコーチがキーパー教えるのとでは雲泥の差
だからJFAもキーパーコーチの育成・普及に力をいれてる
未だにキーパーコーチいなくてキーパー素人のコーチが
キーパーの子にコーチングしてる部活やクラブも多いけどな


19: 2018/12/07(金) 06:22:00.28
これ、下田GKコーチの元で研修でしょ


22: 2018/12/07(金) 06:24:21.30
元ゴールキーパーで監督っているのかな?


27: 2018/12/07(金) 06:26:45.08
>>22
日本だとJリーグ誕生以降有名どころではいないかも
1番有名なGK出身監督はイタリアのディノゾフかな


30: 2018/12/07(金) 06:28:35.07
>>22
Jだとエメルソン・レオンとかいたな

49: 2018/12/07(金) 06:59:14.11
>>22
松並がガンバの監督やってなかったっけ?


57: 2018/12/07(金) 07:02:19.99
>>49
本並と松波をごっちゃにしてるぞw
松波はガンバの監督やったが元GKじゃない。
本並は元GKだがガンバの監督じゃなくて女子チームの監督やってる。


23: 2018/12/07(金) 06:24:22.05
ポーツマスポーツマス


25: 2018/12/07(金) 06:25:57.56
ライセンスはもう取得済か


26: 2018/12/07(金) 06:26:31.28
森保監督の相談役というか話し相手としてもいいのかもね。


28: 2018/12/07(金) 06:27:45.45
逆境2010年の影の功労者って言われてるくらいだからな
指導どうこうよりモチベーターとして招聘
学びながらってトコなんじゃない


33: 2018/12/07(金) 06:29:59.58
素人コーチって言ってもずっとコーチ兼任みたいなもんだっただろうし、
大舞台での経験を伝えられるのは川口か楢崎か川島しかいない訳だし、
代表みたいな短期間におけるコーチとしてはまあ適任なんじゃないかと思う


35: 2018/12/07(金) 06:32:08.64
川口系のGKよりも楢崎系のGKのが安心できる。
テンションとかで守るより、冷静沈着なヤツ育ててくれ。


101: 2018/12/07(金) 07:41:15.13
>>35
テンションと集中力だけで
スペックで勝る楢崎を上回れると思ってんの?
どんだけ細かいポジ修正とリスク管理してたか……
中村が伸びない、ミドルに極端に弱いのは
反射に依存してテソほど動かないからだぞ


36: 2018/12/07(金) 06:33:57.95
日本代表として経験あるし、選手の精神的サポートも兼ねられればいいけどな

今季のJ1で誰が一番走った? 走行距離&スプリントのランキングは……

今季の明治安田生命J1リーグは川崎フロンターレの連覇で幕を閉じた。

 Jリーグ公式サイト『J.LEAGUE.jp』では、毎節ごとに選手の走行距離やスプリント回数などのトラッキングデータを発表している。全34試合を終え、今季のリーグ戦で1番走った選手は誰か、チームはどこか? 気になるデータをランキングで紹介する。

■走行距離(チーム平均)
1位は湘南ベルマーレの116km。トップチームのフィロソフィーで湘南スタイルと定義されている「攻撃的で、走る意欲に満ち溢れた、アグレッシブで痛快なサッカー」を実践した結果だろう。ちなみに最下位は、優勝した川崎フロンターレの107.323kmだった。

1位:116.000km/湘南ベルマーレ
2位:115.431km/横浜F・マリノス
3位:114.771km/コンサドーレ札幌
4位:114.051km/V・ファーレン長崎
5位:113.738km/ベガルタ仙台
※チーム平均値は112.345km

■試合別走行距離(選手)
1位は、昨季も圧巻の走りでナンバーワンに輝いたサガン鳥栖の高橋義希。33歳になった今季も縦横無尽にピッチを駆け回った。チームの走行距離で1位だった湘南から、この項目でトップ20にランクインしたのは菊地俊介(第33節 湘南vs浦和/12.92km)のみ。誰か一人に頼るのではなく、全員が90分間走り続けることが徹底されている。
1位:13.28km/高橋義希(第14節 浦和vs鳥栖)
2位:13.25km/小林裕紀(第13節 名古屋vs横浜FM)
3位:13.23km/高橋義希(第13節 鳥栖vs清水)
4位:13.20km/和泉竜司(第13節 名古屋vs横浜FM)
5位:13.18km/奥埜博亮(第15節 鹿島vs仙台)

■スプリント回数(チーム平均)
スプリントとは、約10~30mの距離を時速24km/h以上で走ること。FC東京が平均180回を記録してトップに立った。

1位:180回/FC東京
2位:177回/湘南ベルマーレ
3位:175回/横浜F・マリノス
4位:166回/セレッソ大阪
5位:164回/柏レイソル
※チーム平均値は158回

■試合別スプリント回数(選手)
第26節の鹿島アントラーズ戦で小川慶治朗が記録した45回が最高回数に。今季、森保ジャパンに招集されたJリーグ屈指のスピードスター、伊東純也は第5節・神戸戦の40回が今季の最高回数だった。

1位:45回/小川慶治朗(第26節 鹿島vs湘南)
2位:42回/永井謙佑(第8節 C大阪vsFC東京)
2位:42回/高山薫(第12節 湘南vs柏)
2位:42回/高山薫(第4節 FC東京vs湘南)
2位:42回/翁長聖(第14節 長崎vs名古屋)

SOCCER KING

1 2018/12/03(月)
移籍に関しても、ただ良い選手だから獲得すれば良いわけでもなく、こうしたチームスタイルも移籍する側にとって重要な情報。
川崎の選手が湘南に移籍したら使い物にならなくなるかもしれないが、若い選手を是非湘南にレンタルして鍛えてほしいとも思う。


2 2018/12/03(月)
川崎はボールをまわせるから走らなくて済む。
しかも攻→守の切り替えが早いからとられても守備に奔走することなくすぐに奪い返してまたマイボールにできる。本当に効率の良いサッカー。
湘南のように走ってるチームは上位ではないかもしれないが、走らなかったらもっと弱くなる。


4 2018/12/03(月)
1位はやっぱり、安定のヨシキだね。


5 2018/12/03(月)
走行距離が長ければ強いというわけではないが、本当にダメなチームは走れなくなる。
戦術的に迷いがあったり、チームとしてまとまりがないと走れない。
今年は最下位の長崎でもこれだけ走れていて、実際勝ち点も30も取っているのは、ダメなチームが無かったことを証明しているとも言えそう。


7 2018/12/03(月)
他の年は分からないけど、走行距離1位と18位がそれぞれタイトルを取ったのは興味深い。戦力に合わせて方向性を明確にするのが良いってことでしょうかね?戦力があっても方向性が揺らぎまくると柏のように降格してしまうと。

8 2018/12/03(月)
全距離について、マイボールの攻撃時に走った距離、守備で走った距離に分けて教えてもらえないかな?
次に、攻撃時の走行距離を攻撃時間で割って、守備時の走行距離を守備時間で割って、走行する事が効率的だったかも知りたいな。


10 2018/12/03(月)
フロンターレの戦術が効率的って事が明らかになりましたね。


11 2018/12/03(月)
そらマイボールが多ければ走らなくていいからね。走れば勝てるかと言えばそうではない。スプリント数の方がわかりやすいと思う。


12 2018/12/03(月)
プロの世界だから、ガムシャラに走れば良いとは思わないが、ハードワークする選手には尊敬に値する。お疲れ様でした。ゆっくり休んで下さいと言いたい。


13 2018/12/03(月)
走ったからといって勝てるわけではないと言いつつも走れないより走れるほうがいいに決まってる。


14 2018/12/03(月)
湘南はある意味、効率的なんだなー
逆に名古屋のこれはどう見るべきか。誰かが犠牲になるってのもひとつの考え方ではあるが。


16 2018/12/03(月)
なんでもかんでも走れば良いと言う問題じゃない。バルサのメッシが良い例。


17 2018/12/03(月)
13~15節に走行距離上位者が集中しているということはその時期(5月上旬)がサッカーやりやすい時期なんですかね?
冬場のが走れると思ったのに意外です。


18 2018/12/03(月)
欧州の主要リーグなんかは、走行距離やスプリント回数と、
チームの順位に相関はあるのだろうか?


20 2018/12/03(月)
マリノスの走行距離は飯倉がかなり稼いでると思う。


21 2018/12/03(月)
世界に出て行っても、日本が相手を走らせて勝てるんなら、それでも良いけどね。
W杯出たら、相手より走らなきゃ勝てんでしょう?


22 2018/12/03(月)
走行距離上位のチームで成績も上位に食い込んだのは札幌だけか


24 2018/12/03(月)
グランパスの選手が二人も入ってるとは。


24 2018/12/03(月)
義希はスタミナお化け︎


26 2018/12/03(月)
フロンターレも鹿島も見当たらないのがおもしろい


28 2018/12/03(月)
走行距離と走る質は全く違う。何もかも違う。スタッツだけでマウント取ろうとするニキはちょっと考え直した方がいい。

川口能活が現役引退試合で貫禄の完封劇、好セーブで魅せて会場沸かす

[12.2 J3第34節 相模原1-0鹿児島 ギオンス]

 SC相模原の元日本代表GK川口能活が、“引退試合”現役ラストマッチとなった鹿児島ユナイテッドFCとの一戦をフル出場で終えた。

 川口は9月2日の鳥取戦以来、14試合ぶりとなる今季6試合目の先発出場。報道陣も大挙、観衆は相模原の本拠地開催では歴代最多、初の1万人超えとなる1万2612人が、日本代表で116キャップを数えた伝説的GKの最後の雄姿を見届けた。

 試合は前半から緊迫した展開。前半20分にはエリア内で切り返したMF中原秀人のシュートを川口が好セーブで防ぐ場面も。スコアが動かないまま後半に折り返す。

 後半に入っても川口は集中した守備で魅せる。9分にはFW萱沼優聖と1対1を迎えるが、前に出て止めると、こぼれ球もしっかりキャッチ。同19分にはFW薗田卓馬に抜け出しを許した場面はオフサイドだったが、これも前に出てしっかり防ぎ切っていた。

 そして相模原は後半25分、相手のハンドによってPKを獲得。これをFWジョン・ガブリエルが落ち着いて沈め、スコアを動かすことに成功する。

 あとは守るだけ。相模原は後半40分にまたも川口が好セーブを見せるなど最後まで得点を与えない。引退試合で貫禄を見せた川口の活躍もあり、相模原は今季最終戦を1-0、3試合ぶりの白星で飾った。

1 2018/12/02(日)
今でもそうですが、自分が部活で現役だった頃、本当に川口選手は憧れの選手でした。闘志むき出しで、一度ゾーンみたいなプレイ入ると、失点する感じがしませんでした。めちゃくちゃカッコ良かった選手でした!今までありがとうございました。長い間、本当にお疲れ様でした。


2 2018/12/02(日)
いくつかのセーブ動画で見たけどさすがだったなぁ
長い間お疲れ様でした、そしてありがとうございました!!


3 2018/12/02(日)
鹿児島ファンとしては勝ってJ2に上がりたかったから悔しいー!
いやしかし、日本代表と対戦してゴールを阻まれてきた他国代表のファン達の気持ちがわかった気がします
お疲れさまでした、日本の守護神・川口能活選手!


5 2018/12/02(日)
あくまでも自分の好みですが、闘志を出してのプレー一番好きなキーパーでした。
長い間お疲れ様でした。
そして好プレー有難うございました。


6 2018/12/02(日)
彼がゴールの枠にいるだけで頼もしく、どんなセーブを見せてくれるだろうと楽しみだったのを覚えています。まだまだと思っていた矢先ですが、彼のこれからを応援するばかりです。


7 2018/12/02(日)
派手なファインプレーも少ないが、ミスも少ない楢崎。
盛大なやらかしも多いけど、確変に入ればファインセーブ連発の川口。
長く日本を支えた守護神が、今期が二人とも区切りになりそうで、少し寂しさもある。
川口といったら、マイアミでブラジルの猛攻を弾き続けた勇姿と、アジアカップPKセーブかな。
あれは痺れた。

8 2018/12/02(日)
実力もそうなんだけど、とにかくスター選手なんだよなぁ。
実力や成績は努力で得られてもスター性はなかなか自分では得られない。
希代のスター選手であり名選手でしたね!


10 2018/12/02(日)
最後まで、スター選手だったと思います。
去り際も見事
次は指導者として、新たなスター選手を育ててください


11 2018/12/02(日)
お疲れ様でした!
ゆっくり休んだらまだまだ日本サッカー界に貢献していただきたい。


12 2018/12/02(日)
GKといえば、この人だったなぁ。
未だにブラジル戦のスーパーセーブは記憶に残っています。
現役お疲れ様でした。


14 2018/12/02(日)
鹿児島は前節で昇格決めてて良かったです。
川口選手、今までお疲れ様でした。


15 2018/12/02(日)
忘れることの無い選手です
サッカーが好きになった選手の一角に輝いています
ありがとうございます
いい人生が新たに続きますよう


16 2018/12/02(日)
川口選手、伝説のブラジル戦含め、
数多くのビッグセーブがありましたね。
長い間お疲れ様でした。


18 2018/12/02(日)
一番忘れられないのはマリノス時代、95年1stステージで優勝がかかった試合でのヘディングシュート。
あまりにも意表を突かれて、井原が足元に転がって来たこぼれ球を見送ってしまったほどだったなあ。


19 2018/12/02(日)
どの代表の試合かは覚えてないんですけどpkを連続で止めて日本を救ったのはいつまでも忘れません


20 2018/12/02(日)
自身の引退発表会見の時、川口が駆けつけた報道陣の多さに感激して会見前に涙してた映像を見て、この人の人柄の良さが垣間見えました。


21 2018/12/02(日)
やり続ける努力、素晴らしいです。もう少し、プレー見ていたかったです。次のステージでの活躍応援しています。


23 2018/12/02(日)
川口選手以降、日本代表GKでゾーンに入ったプレイをする人を見たこと無い気がするな。「ゾーンに入る」とは川口選手のための言葉だった。


24 2018/12/02(日)
能活のビッグセーブは、なんといっても2004年アジアカップのヨルダン戦のPK戦ですね。
1人少ない中香川で追いついてPKに持ち込み、2本選考された後のセーブが神がかってました。
長いあいだ、本当にお疲れ様でした。

1 2 3 4 5 ... 66 67