1947年、アフリカ系アメリカ人のジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)はブルックリン・ドジャースと契約する。当時アメリカでは、トイレやレストラン、交通機関などあらゆる公共のものの使用が白人と有色人種とで分けられ人種差別が横行していた。野球界も例外ではなく、有色人種の採用はジャッキーが初めてだった。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

実話だからこそ感動する映画!! おすすめ洋画10選

ノンフィクション映画の中でも感動した作品10の名作映画をまとめてみました。

このまとめを見る