1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「阿蘇山噴火」警戒レベル3へ…熊本から兵庫まで降灰マスクが必要かも

熊本県の阿蘇山で爆発的な噴火が発生し…気象庁は、噴火警戒レベルを2から3に引き上げ様々な事が心配されます。ネットからの反響や画像からも状況が伝わってきます。

更新日: 2016年10月08日

37 お気に入り 124265 view
お気に入り追加

阿蘇山が噴火し気象庁は警戒レベルを3へ

8日午前1時46分ごろ、熊本県の阿蘇山で爆発的な噴火が発生しました。

阿蘇山に火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)を発表。火口から概ね2kmの範囲では、大きな噴石に警戒してください。

多量の灰が降ると予想されている地域は、熊本県の阿蘇市、南小国町、高森町、南阿蘇村、産山村、大分県の竹田市です。

少量の灰が、熊本県、大分県、高知県、愛媛県、香川県、徳島県、山口県、広島県、岡山県、兵庫県の広い範囲で降ると予想

どんな状況なのか…気象庁・消防などによると…

阿蘇山の中岳第一火口で起きた噴火では、噴煙が高さ1万1000メートルまで上がり、火口から北東の広い範囲で火山灰が降ると予想されるということです。

視界が不良となり、車の運転が危険になる多量の降灰が予想されているのは、熊本県の阿蘇市、南小国町、産山村、高森町、南阿蘇村、大分県竹田市。

「噴火したという情報を受けて、車を運転して市役所に駆けつけたが、大粒の雨のような感じで前が見えないくらい火山灰が降っていた」

午前1時40分ごろ、爆風と見られる風の影響で消防本部の建物の窓ガラスが揺れた

周辺では硫黄化合物のような臭いがしている

そもそも「噴火警戒レベル」とは?

レベル1(平常)・レベル2(火口周辺規制)・レベル3(入山規制)・レベル4(避難準備)・レベル5(避難)

火山活動の状況に応じて「警戒が必要な範囲」と防災機関や住民等の「とるべき防災対応」を5段階に区分

生命に危険を及ぼす火山活動(噴火)が発生し、居住地域の近くにも及んだ、あるいはその恐れがある。

【火山情報】8日01時55分、阿蘇山に火口周辺警報(噴火警戒レベル3 入山規制 引上げ)が発表されました。今後も、噴火が発生する可能性があります。地元自治体等の登山禁止・入山規制等の指示に従い、危険な地域に立ち入らないでください。

阿蘇市内や政府の動きは…

阿蘇山の噴火を受けて、8日午前1時50分に総理官邸内の危機管理センターに情報連絡室が設置されました。

この阿蘇山噴火にネットからの反響は…

おはようございます。阿蘇山噴火、心配です。被害がないことを、お祈りいたします。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する