1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Pilgrimさん

こんなタイミングで本を読みたいと思ったことはありませんか?

Kindleなら可能になります!

iOS版のKindleには音声読み上げ機能があります。

読み上げ機能とは、文字通り、本の文章を自動的に読み上げてくれる機能のことです。

正確に言うと、Kindle独自の機能ではなく、iOSに備わっている音声読み上げ機能にKindleが対応している形になります。

音声読み上げ機能があれば、移動中、布団の中、家事の最中、etc・・・日常のあらゆる場面を読書時間に変えることができます。

iOSをご利用の方は

設定→一般→アクセシビリティ→スピーチと進んでいき、次の2つをオンにするだけです。

iOS8になってから「画面の読み上げ」というオプションが追加されていることに気づきました。"画面上部から下に2本指でスワイプ"すると画面上の文字をiOS標準の音声機能で読み上げてくれます。

Androidをご利用の方は

思わぬいいことも・・・

今回の読み上げ機能強化は、老眼対策はもちろんのこと ’歩きスマホ’ 対策にもなるので一石二鳥ですね。

英語学習者にとっては、英語のオーディオブックは便利な「リスニング教材」。好きな本の朗読を聞けたらいいな、と思いますよね。

以前はCDを聞きながら紙の本を見て……と、なかなか面倒な勉強法でした。
僕が「技術革新ってすごい!」と思った最大の機能です。

ページめくりにも対応しており、自動でどんどん進めてくれます。アプリを閉じても再生可能ですが、ページめくりはできず途中で止まります。

「耳から聞く」というのは、聴覚の刺激です。
学習効果を上げるためには、一般的に考えて刺激の数は多い方がいいでしょう。

1 2