1. まとめトップ

美肌・健康・ダイエットのための腸活レシピ

腸内フローラを良くするためのレシピ集です。人工甘味料やショートニングは、出来れば接種しないように心掛けましょう。有機栽培の野菜を選び、皮まで美味しくいただきましょう。

更新日: 2017年08月09日

0 お気に入り 1170 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ご飯は炊きたてではなく、冷蔵庫で冷やしてから再加熱したものを食べましょう。

炊く前のお米の中ではでんぷんは固まった状態ですが、加熱すると結合が解かれます。それが冷えると再び結合して、難消化性でんぷんになります。

パスタは冷製で、または一度完全に冷やしてから再加熱しましょう。

加熱調理した後に冷やしてから食べることが、難消化性デンプンにとって重要

イモやパンなどのでんぷんが多い食材も、調理してから完全に冷やすことで、難消化性デンプンを作りだします。

腸の健康のためには、難消化性デンプンを1日あたり20gを目安に食べると良いと考えられます。

美肌・健康・ダイエットのための腸活レシピ

ラザニア

芯が残るようにアルデンテで。茹でないタイプのラザニアが◎

全粒粉スパゲティ

茹で時間より1分短めに。

イモ類は調理したものを、いったん冷やしてから再加熱して食べましょう。

オートミール

水溶性食物繊維が豊富で腸活に大変良い。

タマネギ

食物繊維が豊富

乾物は食物繊維の宝庫です。

ひじき

1 2 3