1. まとめトップ

「電通」の新入社員だった高橋まつりさん過労死認定

大手広告代理店「電通」の新入社員だった
高橋まつりさん(24)は去年12月、
都内の会社の寮で自殺しました。
高橋さんの残業時間が100時間を超えていたことなどから、
労働基準監督署に過労死と認められました。

遺族や代理人弁護士によると、高橋さんは昨年4月に電通に入社。
同6月からダイレクトマーケティング・
ビジネス局デジタル・アカウント部(当時)に配属され、
インターネット広告を担当していた。

【過労自殺】電通社員、上司から「女子力ない」と注意も news.livedoor.com/article/detail… 幹事を担当した飲み会後は、「反省会」として深夜まで指導を受けた。「髪がボサボサ、目が充血したまま出勤するな」とも言われたという。 pic.twitter.com/weXVsOqeqQ

自動車火災保険やFX証券を担当し、
本採用となった同10月以降、労使協定で定めた
上限の70時間を大幅に超える残業が続いていた。
上司からは「君の残業時間の20時間は会社にとって無駄」
「目が充血したまま出勤するな」などと叱責されていたという。

亡くなった東大卒電通女子のSNSまとめが心当たりありすぎて。 かわいそうに。これは完全に会社が悪いよね。 pic.twitter.com/c0yoFHO0U8

高橋さんは同10月以降、自身のツイッターに
「本気で死んでしまいたい」「朝起きたくない」などと
頻繁に書き込むようになり、同12月25日に
住んでいた寮から飛び降りて自殺した。

今年4月に遺族が労災を申請し、認められた。
労基署の説明では、高橋さんは昨年11月上旬には
うつ病を発症しており、発症前1カ月の残業時間は
入退館記録などから約105時間と認定されたという。

奇しくも政府はこの日の閣議で2016年版の過労死等防止対策白書(過労死白書)を決定

これを受けて武蔵野大学の長谷川秀夫教授が同日「残業時間が100時間を越えたぐらいで過労死するのは情けない」などと投稿し、この発言が「無知で時代錯誤だ」などと批判を浴びた。

月当たり残業時間が100時間を越えたくらいで過労死するのは情けない。会社の業務をこなすというより、自分が請け負った仕事をプロとして完遂するという強い意識があれば、残業時間など関係ない。自分で起業した人は、それこそ寝袋を会社に持ち込んで、仕事に打ち込んだ時期があるはず。更にプロ意識があれば、上司を説得してでも良い成果を出せるように人的資源を獲得すべく最大の努力をすべき。それでも駄目なら、その会社が組織として機能していないので、転職を考えるべき。また、転職できるプロであるべき長期的に自分への投資を続けるべき。

あまりに酷い発言に批判の声

個人の体力差も、被雇用者である事と個人事業主の違いも、何もかも無視して「残業100時間/月くらいで死ぬなんて情けない」と言い放ったのは武蔵野大学グローバルビジネス学科()の長谷川秀夫教授、な。

武蔵野大学の長谷川秀夫ってやつクソヤローだな 腹立ってきた

武蔵野大学長谷川秀夫氏の経歴みたら… チャレンジ脳なんだな

長谷川秀夫のことを世間では老害と言うのかなるほどな

長谷川秀夫とかいうキチガイ、プロ意識って言葉の意味絶対分かってないよね

この考え方でグローバルビジネス学科教授とか笑わせてくれるな長谷川秀夫 さっさとやめろ

あ、長谷川秀夫がバカなのか。いやそれを雇用している武蔵野大学はやっぱバカだな。

長谷川秀夫何言ってくれてんねん…お前…。大学の恥じゃ…

長谷川秀夫、経歴見た限りOh!モーレツな会社員だったことがわかる。

100時間150時間と茶を飲みながらダラダラと時間外労働しているおっさんと、パワハラ受けながら必死で業務する若い人とじゃ、同じ時間でも全然違うものだわな。 長谷川秀夫とやらは時間だけで中身が見れないんだろうねぇ。

「強い意識を持てば、残業100時間でも過労死などしない」と言ってる長谷川秀夫という馬鹿学者こそ、己はマッチョどころか数時間で倒れそうな虚弱体質に見える。自分が出来ないことを他人に要求するところが、いかにも「グローバル人材学科」だよ。

武蔵野大学は,教授が100時間残業を容認するんだな。そして過労で自殺した人を叩くと。ブラック大学確定。

長谷川秀夫氏のような発言は高齢者に受けるだろうなと思うと、暗澹たる気持ちになる。

長谷川秀夫教授はコネでのし上がってきたのでたいした能力なし 100時間も働いたら体壊して死にそう

1 2





Cocochanさん

テレビ番組やTwitterで話題なものをまとめています。