1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

新名称に揺れる「京都市京セラ美術館」に賛否両論

50年50億円という条件でネーミングライツを京セラに売却することが決定した京都市美術館。売却後の新名称は「京都市京セラ美術館」になることが決定しましたが、この名称には様々な意見が寄せられています。

更新日: 2016年10月08日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 24028 view
お気に入り追加

■京都市が京都市美術館のネーミングライツを京セラに売却

京都市美術館の命名権=ネーミングライツが総合電子部品大手の京セラに50年50億円で売却されることが決まりました

改修後は「京都市京セラ美術館」という名称になります

■京都市美術館のネーミングライツが売却された背景

ネーミングライツ契約は、同美術館の再生事業費の一部をネーミングライツで負担してもらうため

京都市は改修費用を捻出するため、命名権を売却する企業を募集していた

■古い歴史をもつ京都市美術館

1933年に開館し、1952年から「京都市美術館」という名称で京都市民らに親しまれてきました

東京都美術館に次いで日本で2番目の大規模公立美術館として設立され、多くの世界的な芸術家の作品展が開催されてきました

多くの展覧会がこの美術館で行われるなど京都市民にとってはなくてはならない美術館です

■企業名が含まれることに議会からは反発の意見も多くあった

80年以上の歴史がある「京都市美術館」の名前が「京都市京セラ美術館」に代わることについて市議会や市民から反対の声が

市議会からは「公立の美術館に企業名が入るのはそぐわない」などの批判も出ていた

市は「市民負担を減らしつつ再整備するため、民間企業の力を借りたい」と理解を求めている

■以前にも公共施設の命名権を売却している京都市

1月に開業したロームシアター京都(京都会館)ではロームに52億5千万円で売却

京都会館のネーミングライツが今年から50年間、52億5000万円で半導体大手ロームに売却されて「ロームシアター京都」になった

京都会館は昭和35年に開館し、府内最大のコンサートホールとして親しまれたが、老朽化が進んだため、平成24年4月に閉館

改修費用を補填するために、施設にネーミングライツ(命名権)が設定された

■やっぱり違和感は拭えないようです…

「京都市京セラ美術館」って名前には抵抗有るわ(・.・;) >RT

京都市京セラ美術館って、ダサいな(T . T) 命名権もらっても現行維持って言ったら京セラのイメージもっと上がったのに。せめて稲盛美術館かな

京都市京セラ美術館て…変に名前にこだわっても意味ないんだろうけど、やっぱりなんかちょっと…と思ってしまう( ´ •ω• ` )

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします

このまとめに参加する