アンパンマンの世界では『何の為に生きるのか』を自覚していない生物は、自信に宿る“いのちのほし”の輝きが失われ、やがて消えてしまうという。

これは映画『それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ』で明らかになっている。

つまり、ばいきんまんはアンパンマンをやっつけることで“生きがい=何の為に生れて何をして生きるのか”を見出し、アンパンマンワールドで生きている。

悲しいことに、アンパンマンをやっつけるという生きがいを失えば、必然的にばいきんまんの存在価値がなくなってしまうのだ。

それはアンパンマンワールドでの“死”を意味するのかもしれない。

逆にアンパンマンは人を助けることで生きがいを見出している。

出典アンパンマン : アニメ漫画の都市伝説

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【あなたの知らない世界】アンパンマンの知ると怖い都市伝説

【あなたの知らない世界】アンパンマンの知ると怖い都市伝説

このまとめを見る