1. まとめトップ

【※閲覧注意】絶対に行ってはいけない世の中から隔離された島

掲載している島:ポヴェリア島/ケイマーダ・グランデ島/北センチネンタル島/スルツェイ島/ニイハウ島/沖ノ島/渡鹿野島/新城島(パナリ島)/四阪島/南硫黄島◆心霊スポット/都市伝説/聖域/超閲覧注意

更新日: 2019年10月05日

86 お気に入り 1326462 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▼世界の立ち入り禁止の島

・世界一幽霊が出る島

14世紀にペストが流行した際に感染した数千人もの人々を生死問わず隔離し、 大量の犠牲者の遺体を葬る為の忌まわしき場所

この島では数世紀の間で実に16万人が死んだのではないかと言われており、 無念の死を遂げた数万の霊魂が彷徨っている幽霊島と見なされているそうです。

※出土した大量の人骨

1922年頃までには精神病棟も統合され、1968年の閉院まで身体的・精神的病の隔離施設として使われていた。

ところがこの精神病棟で悪いうわさが立ち始め、、医者が自身の欲のために患者に人体実験を行った、とか、霊にとりつかれた患者が自殺をした、医者が患者を拷問したなどの噂が飛び交いました。この病院は1968年に閉鎖に追い込まれています。

・科学者しか入れない実験のための島

1963~67年に起きた海底火山の噴火によってできた、地球上で最も新しい島の一つ。

現在、スルツェイ島はごく少数の認可を受けた研究者だけが島への上陸を許されており、人類の影響を排し、生態系がどのように形成されるのか、その過程を記録するために自然保護区に指定されました。

島への人間の上陸は、スルツェイ島研究学会の許可を得た研究者以外は厳しく禁止されている。

。学会はアイスランド環境・食品庁に代わり、島におけるすべての活動を監督しており、スルツェイ島の海域でのダイビングはもとより、その自然特性を阻害することや、一切の有機物や土、鉱物の島への持ち込み、廃棄物の投棄も認められていません。

・1平方メートルあたり1匹が生息する毒蛇の島

毒蛇ジャララカ(アメリカハブ、の類の毒蛇で南米に広く分布)が島の主人で、棲息密度は極め高く、島全体で5千―1万匹棲息しているだろうと云われている。

海軍が管理する灯台は、今は自動化されて、保守と燃料補給のために、ヘリコプターで年に数度、人が降り立つ以外は無人島と化している。

この蛇は、普通にいるジャララカの5倍の毒性があり、実験では、ネズミを2秒で即死させる強力な毒性を持っている。

致死率90%という即効性のある毒液をもっていて、噛まれると傷のまわりの肉を溶けてしまうという。とても危険な島なので、上陸するにはブラジル海軍の許可が必要。

・ハワイにある禁断の島

スコットランド人のエリザベス・シンクレア夫人が、カメハメハ5世からピアノ1台と 10,000ドルで、ニイハウ島を島民付きで買い取った。

現在もシンクレア夫人の末裔である、ロビンソン一家がニイハウ島を所有しており、島に出入り出来るのは原則としてロビンソン一家とカウアイ郡の関係者だけで、一般人の出入りは難しいと言われています。

ハワイ諸島で7番目の大きさ

現在もハワイ語ニイハウ方言を使用し、プウワイと言う村落で古来からの伝統的な生活を送っている。

実際には、これらのニイハウ島民は外部世界とまったく接触がないわけではなく、船でカウアイ島へ買い出しに出たり、他の島に移住している親類宅を訪問しているなど、一般に喧伝されているよりも普通の日常生活を送っています。

・現代文明を拒否する未知の島

先住民センチネル族は、その長い歴史の中、島外の世界との接触を一切拒否しており、近づく者は誰であれ襲撃するといわれている.

近代的兵器を装備するインド海軍に対しても矢の雨を浴びせるなどして接触を断固拒否。インド政府も干渉することをあきらめ、現在は実質的にセンチネル族の主権が認められています。

ヘリに向かって威嚇する住民

これまでの接触

・1964年 以降数回に渡りインド政府の使者が贈答品をもって島に渡ろうとするがこれを拒否。
威嚇されて上陸不可。

・1974年 ドキュメンタリー動画を撮影しようとした映画監督が太ももを矢でいられる。

・2004年 スマトラ沖地震の際に救援物資をもったヘリに矢を放って威嚇

・2006年 カニを密猟していたインド人2名が漂着後殺害、その後遺体回収に向かったヘリも矢で      攻撃し回収不可能。

こうした背景から、北センチネル島の人々が話す言葉は謎のままだし、彼らがどのようにして生活しているかも分かっていない。島全体がジャングルで覆われているため、ヘリコプターから観察することも不可能。

かつては接触を試みたインド政府だが、数度の失敗を経て、現在では不干渉の立場を取っており、彼らとの接触を図る行為を刑罰の対象とまでしました。また、同島から約5km以内に接近することも違法とされています。

▼日本の立ち入り禁止の島

・古くから人魚伝説が伝わる島

1 2