1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

自宅での「コーヒーライフ」を格上げしてくれる道具5選

いつものコーヒータイムがさらに格上げされる、そんなグッズをご紹介。

更新日: 2016年10月11日

LuvShmmyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
327 お気に入り 61864 view
お気に入り追加

「コーヒー」にこだわりのある生活を。

朝の目覚め、仕事の合間の息抜き、食事の終わりに。毎日に欠かせないコーヒー。自宅やオフィスで飲む1杯をもっと美味しくしたい!

一杯一杯丁寧に入れたハンドドリップのコーヒーを楽しむならぜひ揃えたいコーヒーの器具。

いつものコーヒーが、より美味しく、カフェタイムはもっと素敵な時間に変わります!

①「PUSH PRESSO」

キーコーヒーが提案するコーヒーの新ジャンルで、エスプレッソのような濃度感ある味わいとドリップコーヒーのなめらかな口当たりを合わせ持つ。

エスプレッソコーヒー派や一度はチャレンジしてみたいあなたにおすすめしたいのが、エスプレッソ専用マシンも電源も不要な「PUSH PRESSO(押すプレッソ)」。

抽出方法は、かんたん&楽しい!コンパクトで、持ち運びにも便利なところも嬉しいですね。

専用のホルダーに専用のPOD(コーヒー)をセットして、お湯を注いだらLet's Push!指で押す新感覚抽出をぜひお試しください!

②「Hyperchiller」

「Hyperchiller」(ハイパーチラー)は、淹れたて熱々のコーヒーを1分でアイスコーヒーに変える製品です。

Hyperchillerに入れるだけで、氷で薄めず、香り高く濃厚なアイスコーヒーができあがります。

すぐ冷やすことで風味を落とさず、氷で味が薄まる心配もないので、だれでもおいしいアイスコーヒーを作ることができそうです。

淹れたてのコーヒーを急速に冷やすので、味や風味が落ちることはありません。

③「BALMUDA The Pot」

バルミューダから、小さくて美しいデザインの電気ケトル「BALMUDA The Pot(バルミューダ ザ・ポット)」が10月21日に発売される。

BALMUDA The Potは、毎日使いたくなる今までにない美しいデザインの電気ケトルです。小さなサイズだから、湯沸かしがより手軽に。

BALMUDA The Potは注ぎ心地を追求しており、ハンドルの重心バランスとノズルの形の調整に、40〜50種類の試作がされたそうです。

出典enuchi.jp

電気ケトルは、注ぎ口が短く大きいものが一般的で、細かい調整はしづらいんです。その点、The Potの長くて細い注ぎ口は、少しずつ注げて、湯切れがよく、お湯の注ぎ方を的確に調整することができます。

④「FUJIコーヒードリッパー」

「FUJIコーヒードリッパー」の最大の特徴は、付属のアタッチメントを使って、お湯の流れる速度を調整できるところ。

アタッチメントを装着すると、ドリッパーの「穴のサイズ」が変わります。お湯の流れが速くなればコーヒーは薄くなり、遅くなれば濃くなるというわけです。

FUJIコーヒードリッパーでは、専門知識がなくても、誰にでも自分の好みの味を調整できるようにする方法に取り組みました。

出典enuchi.jp

「お湯の速度を調整するアタッチメント」を
ドリッパー内に入れることで、本来お湯のかけ方で調整する流量を、ドリッパーが代行して調整します。淹れ方は一般的なペーパードリッパーと同じです。

⑤「IFNi ROASTING&Co. クロスフィルター」

IFNi ROASTING&Co.のクロスフィルター。あなたのコーヒーライフをより充実したものにしてくれるアイテムです。

先端を折り込めば台形型ドリッパーにも使えるし、
コーヒーメーカーもセット可能。

ドリッパーの形に合わせて折れば、円すいや台形だけでなく、CHEMEX(ケメックス)にも使うことが出来ます。

通気性の良いリネン生地なので、使った後は洗って乾かせば繰り返し使うことが出来ます。

1





LuvShmmyさん

「衣・食・住」に関する事を中心にまとめます。日々のライフスタイルが少しでも楽しくなってもらえたらと思ってます。。。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう