ゴッホは画材屋兼画商である彼の店へ画材を買いによく通っていた。ゴッホが心酔する日本の浮世絵に囲まれた肖像画は彼への敬愛の顕れである。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ゴッホの「数少ない友人」ってどのくらいいるの?

気性に難があったゴッホは人付き合いが苦手で、特にゴーギャンとの同棲生活の破綻はよく知られたエピソードである。そんなゴッホにもわずかながら親しい友人が…って、結構多いっすね。ヨーロッパ各地を転々としてた来歴のおかげもある。(サムネイル画像はゴッホ『ひまわり』1888年、ロンドンナショナルギャラリー蔵)

このまとめを見る