ロートレックもいた上述の画塾に通っていたり、後述のタンギーの店にいたり、ゴーギャンとともに活動したりと何かとゴッホと接点の多い画家。手紙のやり取りが多く残っているほか、上の絵はゴッホも模写している。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ゴッホの「数少ない友人」ってどのくらいいるの?

気性に難があったゴッホは人付き合いが苦手で、特にゴーギャンとの同棲生活の破綻はよく知られたエピソードである。そんなゴッホにもわずかながら親しい友人が…って、結構多いっすね。ヨーロッパ各地を転々としてた来歴のおかげもある。(サムネイル画像はゴッホ『ひまわり』1888年、ロンドンナショナルギャラリー蔵)

このまとめを見る