1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「容体は不安定」…タイのプミポン国王の健康状態が心配されている

タイ王室事務局は9日、首都バンコクで入院中のプミポン国王(88)の病状について声明を出し、容体が不安定になっていることを明らかにした。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年10月10日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
12 お気に入り 19975 view
お気に入り追加

○タイのプミポン国王「容体は不安定」

タイ王室事務局は9日、首都バンコクで入院中のプミポン国王(88)の病状について声明を出し、容体が不安定になっていることを明らかにした。

「容体は不安定」だと発表し、国王に公務を控えるよう求めたことを明らかにしました。

医師団が人工透析に関する処置などを行っていたところ、8日から9日にかけて一時体調が悪化したと発表した。

○長期間入院生活を送っているプミポン国王

プミポン国王は、88歳と高齢で、ここ数年健康状態が悪化し、ことし6月には心臓の手術を受けるなど、長期間入院生活を送っています。

血圧が下がり心拍数が上昇したほか、心臓に送り込まれる血液の量が減少した。

○世界の君主の中で最長となる在位70年を迎えた国王

国王は今年6月、世界の君主の中で最長となる在位70年を迎えた。

タイの憲法は、国王が何らかの理由で公務を行うことが困難になった場合は、摂政を置くことができると定めています。

政治対立の調停役を務め国民の信頼が厚く、人々は国王の健康状態に高い関心を寄せている。

○18歳で王位を継承したプミポン国王

プミポン国王は、兄のラマ8世が1946年6月に宮殿で変死したため18歳で王位を継承。

社会的弱者の救済に熱心とされ、国民からは「ポー(お父さん)」と呼ばれ、国父として深く敬愛されている。

○世界の現役君主の在位期間としては世界最長を誇る

現在存命の中では世界で最も長い在位期間を持つ君主である。

世界の現役君主の在位期間としては、エリザベス英女王らを上回り世界最長を誇るが、入院生活が長期化し健康状態の悪化が懸念されている。

たび重なる政治危機の際には、国をまとめる役割を果たしてきただけに、国王の健康問題は、タイの国民だけでなく、現地の日系企業にとっても大きな関心事となっています。

○このニュースはネットでも話題になっている

タイの国王は偉大な国王で、国民の信頼があると聞く。元気になるといいね。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。