1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

高齢者の体力・運動能力は過去最高に…最近の高齢者が元気すぎる

体育の日を前にスポーツ庁は9日、2015年度「体力・運動能力調査」の結果を公表した。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年10月10日

25 お気に入り 32730 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○75歳以上の体力・運動能力は過去最高

体育の日を前にスポーツ庁は9日、2015年度「体力・運動能力調査」の結果を公表した。

65〜69歳の女子と、75〜79歳の男女の体力が、過去最高となった。

健康志向が高まり、運動を習慣づける高齢者が増えていることが背景にあるとしています。

○6歳から79歳までの体力や運動能力の調査を行った

握力や上体起こし、持久走などの新体力テストを通して筋力や持久力を計り、現在のスポーツ習慣などと組み合わせて体力・運動能力を調べている。

6歳から79歳までの6万5000人余りを対象に体力や運動能力の調査を行い、年代ごとにボール投げや50メートル走、高齢者の場合は歩く能力などの項目で測定を行いました。

調査項目を点数化した75~79歳男女の合計点が、現行方式となった1998年度以降で最高となるなど、高齢者の体力は上向き傾向が続いた。

○65歳以上の高齢者は、ほとんどの項目で成績が伸びた

特に65歳~69歳の女性と75歳~79歳までの男女は過去最高の結果となっている。

握力などのほか開眼片足立ち、10メートル障害物歩行、6分間歩行の独自項目も試す65歳以上の高齢者は、ほとんどの項目で成績が伸びた。

週に1日以上運動している高齢者は運動していない高齢者より結果がよく、過去の運動経験の有無は結果に大きな影響を与えていなかったということです。

○一方で、運動習慣は若い女性で減少

高齢者の体力が過去最高だった一方、30代の女子が低下傾向にあることがわかった。

30年前に比べ、10代後半から30代の女性で運動する習慣のある人の割合が大幅に減り、30代女性は体力も低下傾向だった。

年代ごとの運動能力の推移をみると、ほとんどの年代で緩やかな向上傾向にある。

○子どもの運動習慣は減っている

運動習慣を見ると、15年度調査で週1日以上運動する人の割合は、小中学生が6~9割台と高水準で、10代後半から成年期は3~4割台へと下がり、40~50代以降に再び上昇。

背景に少子化による地域のスポーツチームの減少や、親子間でスポーツをする機会が減ったことなどを挙げていて、今後運動不足の子どもたちへの対策を検討していくとしている。

この結果についてスポーツ庁は、運動をする子どもとしない子どもの間で運動能力の差が大きく広がっていると指摘した。

○このニュースはネットでも話題になっている

65歳以上高齢者の体力過去最高wwwwww元気すぎるwwwwwそりゃ世の中老人優遇続くわな…

高齢者をいたわるのは当然。しかし60代、70代でもスゴイ元気な方が結構いる。自分にとっては30年以上先の話だが、そんなに老化の個体差が開くものなのか??

電通社員の自殺のニュースのあとで高齢者の体力が向上ってニュース見ると、若者が死んで高齢者が元気な訳の分からん社会が浮き彫りになっているような、奇妙な気持ちになる

1 2