1. まとめトップ

え〜!そうなの⁈ダイエットにいいと食べてたけど実は太るダメ食品

ヘルシーそうに見えて実は脂肪を増やしたり身体に悪かったり、実はダイエットにならない食品を集めて見ました。ダイエットに成功するために勉強した一部を皆さんにも知っていただいて、少しでもお役に立てば嬉しいです。

更新日: 2019年05月21日

3 お気に入り 19501 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yongyongpinkさん

◆カロリー0kal・糖質オフ食品

怖すぎる人工甘味料。
取る事で身体まで悪くしてしまう。
カロリーが多くても糖質が多くても、人工甘味料を使ってない食品を選んで下さい。

「カロリーゼロ」飲食品がさらに問題なのは、含まれている人工甘味料に、空腹感が増して食べ過ぎたり、甘み中毒になることで結局肥満になる、といった“副作用”があることなのです。

人工甘味料入りの水を与えられたマウスでは糖尿病につながり得る耐糖能障害が起きやすくなったのに対し、単なる水や糖分入りの水を与えられたマウスでは変化がなかった。

インスリンが大量に分泌されると、血糖値を急激に下げます。この血糖値の急激な低下が空腹感をうみます。また、人工甘味料にはカロリーがないため、熱に変換できず、自然に体がエネルギーを要求し、食欲を増進させてしまうこともあるそうです。

ある調査では、毎日カロリーゼロ飲料を飲んだ人の36%にメタボリック症候群のリスク、67%にⅡ型糖尿病のリスクがあると指摘しています。また、1週間にカロリーゼロ飲料を500ml飲んだ人は、同量のカロリーのある飲料を飲んだ人と比べて、糖尿病発症のリスクが15%高いことも分かりました。

◆フルーツグラノーラ

美味しくて栄養も豊富なグラノーラは置き換えダイエットとしてよく紹介されていますが、カロリー・糖質どちらも高い食品です。その上フルーツに含まれている酵素が含まれていないのでダイエットには向きません。

糖質31.6g、糖質制限してる場合は一色20gに抑えたいのにオーバーしていますよね。

カロリーについては…
食パン1枚分よりも多い数字! 223kcalと決して低くないんです。
さらにヨーグルトや牛乳をかけて食べると、上の数字が増えるのは確実です!
http://angie-life.jp/beautyfashion/71716.html
より引用

フルーツグラノーラはオーツ麦やライ麦など、そのまま食べたらとても食べにくい食品が含まれています。食べやすくするためにおいしく味付けされているので、ついついお菓子感覚で食べてしまいます。一食分が50gと表示されていますが、50gだと少なく感じます。
そのため、一食50g以上食べてしまいカロリーオーバーになってしまうことも。

朝ごはんにフルーツグラノーラを食べはじめたのですが、食べ続けてるとどうにも体が重くて、夫婦そろって「太った!?」というありさま。ひょっとして私たちだけかもしれないので調べてみると、思っていた以上にフルーツグラノーラで心配されている方が多くてビックリしました。

◆ポテトサラダなど太るサラダ

ポテトサラダ・カボチャサラダ・サツマイモサラダは、根菜類なので野菜でも糖質が多いから注意
マカロニサラダ・スパゲティサラダ・春雨サラダは、炭水化物なのでこれも糖質多量
サラダと名が付く食べ物で沢山食べがちですがダイエットには向きません。

じゃがいもが主体となっているポテトサラダは高カロリーです。じゃがいもは熱に強いビタミンCを含むなど栄養価は高いものの、野菜の中では糖質も高く、しかもマヨネーズをたっぷりと和えるので脂肪も多く摂ることになり、更にカロリーアップしてしまいます。

ドレッシングのオイルによっても良し悪しは左右されます。
オリーブオイルやアマニ油、菜種油、ココナッツオイルなど良い油を使いましょう。

市販のドレッシングは大さじ1杯で約10~90kcalになるものも。マヨネーズは大さじ1杯で100kcalにもなります。特にカロリーが高いのが、シーザードレッシング、サウザンアイランド、フレンチ、ごまドレッシングなどの濃厚でクリーミーなタイプ。どうしても食べたいときは、かけ過ぎに注意しましょう。
油の摂り過ぎはダイエットの大敵ですが、一方で、良い油は健康と美容に必要です。可能なら市販のドレッシングではなくて、自家製ドレッシングを作りましょう。オリーブオイルやアマニ油、ココナッツオイルなどの良質な油を使って作ってみてください。

◆スープ春雨

春雨はカロリーが確かに低いですが、炭水化物なので糖質が多く含まれています。スープも飲み干すと塩分も多くヘルシーそうに見えて実は要注意食品です。
スープとして飲むなら主食のお米と一緒に食べたらW炭水化物になり糖質量が更に上がってしまいます。

春雨の16.5gという糖質量を気にしないわけにはいかない!という方もいらっしゃるでしょう。春雨、こんにゃく麺、しらたきなどを同じような抵糖質食材と思っているかたも多いかと思いますが、こんにゃく麺、しらたき等の糖質が100g中ほぼ0なのに対して春雨はそれなりに糖質を気にするべき食べ物なのです。

実は春雨は、緑豆やじゃがいも、サツマイモなどのイモ類から採ったデンプンを原料として作られている乾麺なんです。デンプンを原料ということは、お米やうどん、ラーメンなどと一緒で炭水化物の部類に入ります。

確かに白米を食べるより良いように見えますが、
おにぎり+春雨スープのランチだと、炭水化物をWに摂っていることに。

◆根菜野菜

身体には良い根菜類ですが、糖質が多くダイエットには不向きです。
炭水化物の代わりに野菜だから大丈夫だとじゃがいもやサツマイモを食べても糖質量は変わりません。
食べ過ぎに注意しましょう。

ご存知の方も多いかと思いますが、野菜の中で糖質が多いものは、だいたい根菜類になります。栄養を貯めているところは、糖質も高くなります。

例をあげると、ジャガイモ(イモ類全般)、トウモロコシ、人参、レンコン、カボチャ、ブロッコリー、タマネギなど。また、果物だとバナナ、パイナップル、ぶどう、メロン、なしなど、かなり甘めのものが多いです。とくに、コーンスープなど液体になると吸収率もぐんっと上がりますので注意が必要です。

◆フルーツジュース・野菜ジュース

ビタミンが多く含まれてるフルーツジュースや野菜ジュース。でも成分や飲む量によっては太る原因になります。
よく知って上手く摂取しましょう。

果汁100%ジュースに含まれる果糖は、なんと炭水化物の一種なのです。
良く知らずに果汁100%ジュースばかりに頼っているのは、パンやお米をバクバク食べているのと同じこと。ビタミンばかりに気を取られていると、かえって体重が増える危険があるらしいのです。

パッケージを見てみると、糖質とかショ糖と表示されていることに気づくと思います。これは野菜や果物にもともと含まれているものです。ですから砂糖不使用でも糖分0ではないのです。糖分をとってもすぐに太るということではありませんが、甘さが癖になっている、大量に飲む、といった人は注意が必要です

ダイエット中に果汁100%ジュースを飲むなら、「濃縮還元」タイプのものを避けて「ストレートタイプ」のものを飲むようにしましょう。ビタミンなどが壊れていないので、果物そのもの効果を得ることができます。また、飲む時間帯にも工夫をしましょう。夕方や夜などに果糖を摂取すると、体の中に余分な栄養として蓄えられ、結果として太ってしまうのです。

1 2