1. まとめトップ
  2. カラダ

15分使うならお風呂に…シャワーの使いこなし術がイイ感じ

一年中シャワーで過ごしている人に朗報…経済的メリットやお風呂並みにカラダを温める方法や体調管理対策などを紹介します。

更新日: 2016年10月10日

135 お気に入り 101088 view
お気に入り追加

突然ですが、お風呂派ですか?それともシャワー派ですか?

20~30代女性を対象に行ったアンケートでは、33%の人が「平日はシャワーのみになることが多い」とのこと。

ちょっと気になるがシャワーの雑学…適温や経済のお話も

体温と同じ35℃ぐらいからちょっと温度が高い40℃ぐらいがシャンプーの適切な温度といえるでしょう。

髪ってブリーチしてその上から色を入れるともちろん色落ちするよね… カラーしてシャンプーすると色落ちしちゃうけどそこでシャワーの温度が高いと抜けやすくなるんだよ

どんなに暑い日でもどんなに寒い日でもシャワーは42℃以外を認めない系男子 それ以上でもそれ以下でも許せない

使う湯の量が少ないと思われるシャワーですが、15分も使うとバスタブに湯を張るのと同じくらいの量になります。

3人以上でシャワーを使う場合、湯を張るほうが経済的

そもそもシャワーのメリットは…

シャワーを使う最大のメリットは、やはり時間がかからないことだろう。おそらく、長く浴びていても、10分

・その中でも別れる「朝シャワー」「夜シャワー」

強固な寝癖も、シャワーをあびればすっかり無くすことができますね。うじうじ髪を直さなくても、一発で解消できます。

バストイレ同室で困るのは欧米人が圧倒的朝シャン派で朝の数時間は常にシャワールームに気を配っておかないとなかなかトイレにいけないことですな、、、

布団が汚れない1日の汚れが溜まった状態で寝るということは、その分布団が汚れます。

普段夜シャワー派だけどたまの朝シャワーすると皮膚がなんかすごく変な感じ

いつも朝シャワー派なんだけど、夜シャワーすると余裕持って寝られるのはいい。

そんな、朝夜でも使えるシャワーで疲れをとる方法がイイ感じ…

足だけお湯につけることで効率よく体全体を温められるんです。なかなか湯船に浸かれない人でも足だけならシャワーを浴びながらでも浸かることが出来ます

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう