1. まとめトップ

イライラを吹き飛ばせ!ストレス解消法10選

ストレスが溜まっていると勉強も仕事もなかなか捗りません。そんな時に役立つストレス解消法をまとめました。

更新日: 2016年10月13日

10 お気に入り 9463 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

bluebird08さん

[1]寝る

脳疲労のいちばんの解消法は何といっても睡眠。中途覚醒のない深く上質な眠りこそ、ストレスでヒートアップした脳をしっかりと癒してクールダウンしてくれます。

[2]笑う

人間は笑うだけで体に備わっている免疫機能が30%ほどアップします。副交感神経が刺激されて血行促進や緊張をほぐすという効果があります。

笑うとストレスホルモンである副腎皮質ホルモンの分泌が減り、さらに幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが多く分泌されます。また脳内モルヒネであるエンドルフィンやドーパミンも大量に分泌されると言われています。

[3]泣く

感情によって涙が流れると、脳から分泌されるホルモンの「プロラクチン」や、副腎皮質刺激ホルモンの「ACTH」、副腎皮質ホルモンの「コルチゾール」といったストレス物質も涙と一緒に体外に流れ出ます。

つまり、感情がたかぶって流れる涙には、ストレスの原因になる物質を排出する重要な役割があるのです。

[4]叫ぶ

大声をだすと自然と腹式呼吸になり、血流も増加します。
ストレスホルモンを調整し、ストレスが溜まりにくくする効果もあります。

横隔膜の動きが激しくなり、胃や腸や肝臓などの内臓にマッサージ効果があり、
動きも血行も良くなり、身体がとても温まります。

[5]書く

ストレスを感じたとき、自分の気持ちを紙に書き出すと、不思議とスッキリします。それは「書く」ことで、自分の中の怒りや不安を整理できるからです。

そんなとき、それらをすべて思うままに書き出すと、心の中でモヤモヤとしていた不安や怒りが客観的に見られるようになり、今後どうすればいいのかも明確になるのです。

[6]掃除

当然ですが、どんなにストレスが貯まったとしても、頭の中を手で整理はできません。
掃除をする行為によって、その変わりを自分の手元の作業に反映させることが出来るのです。

[7] 散歩

ストレス反応物質を消費する簡単な方法が散歩です。
散歩だけでなく、水泳でも、サッカーでも、ソフトボールでもいいのですが、毎日気軽に出来るのは、散歩ではないでしょうか。

[8]瞑想

瞑想をすることで、身体的、精神的に変化があることが認められ、医療の分野ではどの瞑想が最も効果的かについての研究が進められています。

瞑想をすることによって、一番大きな効果が認められているのが不安やストレスの軽減です。 またそれらによって引き起こされるうつ病や摂食障害などにも効果があるとされています。

1 2